オンラインカジノの自己規制とは?ギャンブル依存症を自分で防ごう

「ギャンブル依存症にならないかな?」という不安からオンラインカジノの利用を躊躇しているという人も多いのではないでしょうか?

確かに、オンカジには1000種類を超える魅力的なゲームがある事から、熱中してしまうユーザーも多くいます。

しかし、各オンカジでは「自己規制」といったギャンブル依存症を防ぐシステムをしっかりと用意しています。

今回は、オンラインカジノの「自己規制」について詳しく解説していきます。

↓↓今人気のオンラインカジノ↓↓

総合評価 無料
ボーナス
入金ボーナス 賭け条件 ハイライト
1
無料ボーナス: $45
入金ボーナス: 初回から5回目の入金まで最大で$2000
賭け条件: 25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
2
無料ボーナス: $33
入金ボーナス: 初回入金で勝利できなければキャッシュバック
賭け条件: 出金条件なし
  • $33入金不要ボーナス有
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
3
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 初回から2回目の入金まで合計最大$1000
賭け条件: 30倍
  • $30の登録ボーナス
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • 自己制限システムあり
4
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 選べる入金ボーナス
賭け条件: 8~20倍
  • スポーツベット有
  • 入金ボーナス有
  • 年中無休日本語サポート
5
無料ボーナス: $35
入金ボーナス: 5回目まで+フリースピン200回
賭け条件: 20~35倍
  • $35入金不要ボーナス有
  • 入金ボーナス5回目まで
  • リベートボーナス有
6
無料ボーナス: フリースピン20回分
入金ボーナス: 初回入金最大$1000
賭け条件: 30倍
  • 初回入金ボーナス最大$1000入金
  • 山分けトーナメント有
  • 1400種類以上のゲーム
7
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回最大$100の100%入金ボーナス
賭け条件: 45倍
  • 入金ボーナス
  • ウィークリーキャッシュバック
  • 日本語サポート有
8
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 三回目まで最大100%
賭け条件: 20倍
  • 大手企業運営で安心
  • 無料ボーナス有
  • ボーナスが豊富
9
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回から3回目の入金まで最大で8万円
賭け条件: 30倍
  • 合計最大17万円の入金ボーナス
  • 手厚いVIPプログラム
  • 日本語サポート有
10
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 4回目まで、最大777ドル
賭け条件: 20倍
  • キャッシュバック有
  • 入金ボーナス有
  • 日本語サポート
11
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 選べる入金ボーナス
賭け条件: 15倍
  • ジャックポット有
  • 入金ボーナス有
  • 手厚いVIPプログラム
12
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 入金額の100%、最高で$500
賭け条件: 20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
13
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 最高$1000
初回入金額100%
賭け条件: 20倍
  • $30の無料ボーナス
  • ログイン時間制限可
  • 日本語サポート有
14
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 入金額の100%-25%、合計で$500
賭け条件: 19倍
  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
  • ロトあり
15
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 最大$500までの150%初回入金ボーナス
賭け条件: 40倍
  • 最大$500の入金ボーナス
  • その他ボーナスも豊富
  • 日本語サポート有
16
無料ボーナス: $25
入金ボーナス: 最大で$1500
賭け条件: 30倍
  • $25の無料ボーナス
  • 入金ボーナス有
  • リベート有
17
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回から4回目まで入金ごとに最大$400
賭け条件: 50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
18
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回から3回目の入金まで最大で$1000
賭け条件: 50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有

自己規制は遊び過ぎない・お金を使い過ぎないためのセーフティシステム

各オンラインカジノで用意している「自己規制」を簡単に説明すると「セーフティシステム」という事になります。

この機能を使う事で、「オンカジで遊び過ぎないようにしたい」「お金を使い過ぎないようにしたい」といったユーザーの目的を果たす事ができます。

オンカジの自己規制には「ユーザー自身が設定する」といった特徴があります。

オンラインカジノでアカウントを作った段階では、自己規制の機能は全てオフになっています。

使い過ぎやギャンブル依存症になる不安・心配があるといったユーザーは、自己規制の中から自分に必要な機能を選んでオンにしていくというのが基本的な使い方となります。

 

自己規制の種類

自己規制には、目的に合わせて使える様々な機能が存在します。

使用できる機能は、各オンラインカジノによって多少異なりますが、メインとなる機能は共通しています。

ここでは、自己規制のメイン機能をいくつか紹介していきます。

 

・入金制限

自己規制の中でも最も利用者が多いと言われているのが「入金制限」です。

文字通り、「アカウントに入金できる上限額を自分で設定」する事が可能となっています。

入金上限額と一緒に「日数」も指定する事ができるオンカジも増えています。

「1日・3日・5日・7日・1ヶ月」といった選択肢の中から選べるオンカジもあれば、日数を自分で指定できるオンカジもあります。

自分で指定した期間内に入金額が上限に達した場合は、アカウントへの入金が拒否されるといった機能なので

設定した金額以上お金を使ってしまう心配がなくなります。

・ロス制限
「ロス制限」は、入金制限と共通する点もあります。

しかし、こちらは入金額ではなく「負け額の上限」を設定する事ができる機能です。

指定した期間内に指定した金額の損失を出してしまうと、指定期間内はオンカジで遊ぶ事ができなくなります。

「期間内の収支」が指標となるので、勝っているのに入金ができなくなるといったケースを防ぐといった働きもあります。

入金した金額ではなく、収支による使いすぎや負け過ぎを防げるといった便利さから、利用しているユーザーも多くいる機能となっています。

 

・時間制限
遊び過ぎを防ぎたいというユーザーが利用しているのが「時間制限」です。

「ログインしてからプレイできる時間」を設定できるので、決められた時間以上遊ぶ事ができなくなります。

制限時間が近づいてくれば、画面内に通知を出してくれるオンカジがほとんどなので、急にログアウトする事はありません。

 

・ログイン制限
既に遊び過ぎた、お金を使い過ぎたと気付いた時に利用してほしいのが「ログイン制限」です。

ログイン規制をオンにすると「指定した時間・日数内のログインが不可能になる」といった自己規制機能です。

24時間や7日間といった短いスパンだけではなく、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月等の長いスパンでのログイン制限も可能となっています。

短いスパンを「タイムアウト」、長いスパンを「自己規制」と、期間によって呼び方が異なるオンカジもあるようです。

 

・アカウントの凍結
「オンカジから距離を置きたい」「一度冷静になって考えたい」というユーザーに利用してほしい機能が「アカウント凍結」です。

ログイン制限と同じような機能ですが「制限期間に上限がない」といった特徴があります。

また、ログイン制限は指定した時間・日数が経過すれば、自動でログインが可能になりますが、アカウント凍結は「自分で運営に問い合わせて凍結を解除してもらわなければいけない」といった違いもあります。

本当にオンラインカジノを辞めたいと感じた時に利用するようにしましょう。

 

ギャンブル依存症の簡単なチェックも可能

大手オンラインカジノでは、自己規制とセットで「ギャンブル依存症チェック」ができるようにしっかりと配慮されています。

チェック方法は、画面に表示される質問に答えていくといった簡単な形式が多くなっています。

ギャンブル依存-チェック

回答終了後には、自分の答えに合わせた診断結果をすぐに確認する事ができます。

※自分で採点や結果の確認を行わければいけないセルフチェックもあるので注意してください

ギャンブル依存症の疑いがある、または将来的になる可能性があると診断された場合は、専門の医療機関に相談に行くように促してもらえます。

オンラインカジノが独自で用意しているセルフチェックは海外基準になるので参考程度にしておきましょう。

診断結果を見て不安を感じた場合は、できるだけ早く日本の専門機関に相談に行きましょう。

 

 

自己規制のメリット・デメリット

ここからは、オンラインカジノで自己規制を利用するメリットとデメリットを解説していきます。

自己規制を利用する前に、長所だけではなく短所もしっかりと確認しておく事をおすすめします。

・自己規制のメリット

自己規制を利用する最大のメリットは「ギャンブル依存症を防ぐ」です。

オンカジの遊び過ぎやお金の使い過ぎを防ぐ事ができるのでギャンブルに夢中になり周りが見えなくなるという心配がなくなります。

また、自分の生活に影響が出ない金額の入金制限をしておく事で生活に悪影響が出るリスクも抑えられます。

ギャンブル依存症の人に多い、生活費の使い込みや使ってはいけないお金に手を出す事がなくなるといった安心感も得られます。

自己規制-メリットデメリット

また、ログイン制限やアカウント凍結を利用する事で、自然とオンラインカジノと距離を取れるというのもメリットの1つだと言えるでしょう。

ログインができてしまうと、どうしてもゲームに夢中になってしまい冷静な判断ができなくなります。

ログイン制限やアカウント凍結を利用して強制的にログインを不可能にする事で、冷静さを取り戻せます。

自己規制の活用は、ギャンブル依存症に陥ってしまわないように、オンラインカジノと適切な距離を取れるようになるオンラインカジノには欠かす事のできない

機能という事です。

 

・自己規制のデメリット

自己規制のデメリットは「遊びたい時に遊べなくなる」です。

入金制限・ロス制限等、自己規制の機能はオンにすると「どこかに制限がかかってしまう」といった特徴があります。

金銭的な制限とプレイ時間の制限のどちらを選んでも、オンラインカジノで遊びたい時に遊べなくなるといった点には注意が必要です。

また、一度利用開始した自己規制は「一定期間経たないと解除できない」といったオンラインカジノがほとんどとなっています。

気分で簡単にオン・オフを切り替えるといった行為は不可能だという点を忘れないようにしましょう。

自己規制を解除してしまうと「制限がなくなる」事から、再びギャンブル依存症になるリスクが生じます。

自己規制の解除は、使用時よりも慎重にならなければいけません。

少しでも不安・心配が残る場合は、自己規制の解除は辞めておいた方が賢明だと言えるでしょう。

 

自己規制を活用して無理のないオンラインカジノライフを楽しもう

オンラインカジノにある「自己規制」は、遊び過ぎ・使い過ぎを防ぐユーザーにとって大切なセーフティシステムです。

オンラインカジノ-楽しむ

また、ギャンブル依存症になる事を防ぐといった効果にも期待ができます。

金銭的な制限とプレイ制限の中から、自分の目的に合った制限を利用する事ができるので

必要のない制限がかかる心配はありません。

各オンラインカジノで用意している自己規制を活用しながら、安心・安全なオンラインカジノライフを楽しんでください。