オンラインカジノでも使える仮想通貨・暗号資産「ビットコイン(bitcoin)」とは?​

ビットコイン

何かと話題になる事が多い「仮想通貨・暗号資産」というワードを耳にした事があるという人も多いですよね?

仮想通貨の中で最も高い知名度を持つのが「ビットコイン(bittokoinn)」です。

近年、オンラインカジノの入出金方法としてもメジャーになりつつあります。

そこで、今回は「ビットコインって何?」という人のために、ビットコインの基本情報をまとめてみました。

 

 

ビットコイン(bitcoin)とは?

ビットコイン(bitcoin・びっとこいん)とは、「仮想通貨」や「暗号資産」と呼ばれる新しいお金です

登場してからしばらくは「投資用資産」や「資産運用」として扱われていましたが、現在ではネットショッピング・オンラインゲーム・オンラインカジノ等、様々なサービスの支払い方法としても普及し始めています。

 

仮想通貨とは?

「そもそも仮想通貨って何?」という人もいると思います。

仮想通貨とは、インターネット上でやり取りができる資産・お金のことを指します。「特定の国家による価値の保証を持たない」といった特徴を持っています。

日本円やドル等のようにどこかの国が価値を保証していません。

因みに、日本では「資金決済に関する法律(資金決済法)・第二条5」で仮想通貨の定義がしっかりと決められています。

 

ビットコインの仕組みとは?

ビットコインの「仕組み」が気になるという人も多いですよね。

インターネットでやり取りができる仮想通貨・暗号資産は「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムによって取引の正当性を検証しています

取引データは単独ではなく、それぞれの取引(ブロック)が鎖(チェーン)によって繋がっています。

分かりやすく言い換えると、銀行は取引データを管理するのがその銀行なのに対し、ブロックチェーンは取引データがシステム全体に鎖のように共有されるため、データの改ざんができないようになっています。

取引内容の改ざんが行われようとしても、この取引が世界中に『一般公開』されるオープンな管理システムにより、それが嘘だという事実が簡単にばれてしまいます。

改ざんするには世界中のシステムの半分以上をハッキングする必要があるそうです。

・・・簡単にできることではないですよね。

このブロックチェーンテクノロジーにより、安心して利用できるといった点から、ビットコインの需要は爆発的に増えました。

ビットコイン_ブロックチェーン

 

ビットコインの相場(レート)の変動要因とは?

ここ数年で「1ビットコインは何円になった!」「一ビットコインいくら?」といったニュースを見かけることが多くなりました。

日本円やドルのようにビットコインも常に相場(レート)が変動しています。

ビットコインの相場・価格の変動要因は、他の投資商品と同じで「需要と供給のバランス」です

知名度の高騰や市場規模が拡大といった理由で需要が高くなれば、ビットコインの価値も高くなります。

ビットコインの取引所では、常にリアルタイムのビットコインの価値を知ることができるようになっています。

また、現在のビットコインの価格を簡単に素早く知ることができるツールも数多く存在しているので、自分にとって使いやすいツールを探してみてください。

 

□ ビットコインの価格変動を予想する代表的な手法 □

ビットコインも株やFXと同様に価格変動を予想する手法が存在します。

代表的な手法として「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つが挙げられます。

テクニカル分析は、過去の値動きをもとに価格水準を予想する手法で、特定の期間の価格推移を表したチャートを使用しています。

一方、ファンダメンタルズ分析は、世界の政治の動きや経済状況といった情報を駆使してビットコインの価値変動を予想します。

 

ビットコインの歴史

ビットコイン_歴史

ここまで世界的に有名となったビットコインは、「中本哲史(ナカモトサトシ)」という人物が2008年10月にビットコインについての論文を発表したことが始まりだと言われています。

その3ヶ月後である2009年1月に一番最初のブロックとなる「Genesis Block」が生成されました。残念ながら、ビットコインを最初に買った人は判明していません。
Genesis Blockが生成されてからすぐにビットコインに価値がつくということはありませんでした。

2009年10月に、「New Liberty Standard」で初めてビットコインに価格が付くこととなります。

その時のビットコインの価格は円換算で「約0.07円」と現在価格からは考えられないほど、安い価格でした。

ビットコインによる取引は、2010年5月、アメリカのフロリダに住むプログラマーの人がピザ2枚を1万ビットコインで買ったのが初めてだと言われています。

2010年7月に世界で初めてとなるビットコイン取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」が誕生し、サービスが開始されたことでようやくビットコインの価格は「約7円」まで高くなりました。

それ以降も、アメリカのTIME紙に特集を組まれたり、百度(バイドゥ)がビットコインでの決済を採用したりと、話題や知名度を集めつつ価格を上げていくことになります。

日本では2013年にNHKで特集を組まれたことで少しずつビットコインが広がっていったと言われています。

何度かの停滞期を乗り越えつつ、2017年8月のビットキャッシュ誕生で1ビットコイン「約45万円」、同年12月CMEがビットコイン先物を開始した際に「約200万円」といっきにビットコインの価値が高騰しました。

現在もビットコインは価格が変動するとすぐにニュースになる等、常に高い注目を集めています。

 

 

ビットコイン(bitcoin)を使うメリット

ここでは、ビットコインを使うメリットをいくつか紹介します。

「投資」「資産運用」目的ではなく、ビットコインを使うといった点でのメリットだという点に注意してください。

 

個人間で直接やり取りができる

日本円やドルといった通貨を個人間でやり取りする時は、ほとんどのケースで「銀行」等の金融機関を間に挟むことになります。

この手順を面倒に感じている、感じていたという人も意外と多くいるのではないでしょうか?

ビットコインでのやり取りであれば、銀行等を仲介することなく、本当の意味で個人間で直接やり取りを行うことが可能となります。

ただし、受取人もビットコイン口座を作る必要があります。

ビットコイン_個人間送金

 

手数料が無料or格安

銀行等の金融機関を介したお金のやり取りでは、多かれ少なかれ「手数料」が発生します。

手数料の金額が原因で個人間のやり取りが中止になったり、買い物を諦めたという経験を持つ人がほとんどだと思います。

ビットコインでのやり取りは、やり取りを行う両者の間に誰もいないので、手数料が発生することはほとんどありません。

また、手数料が発生する場合でも、従来の銀行振込やクレジットカード決済の手数料と比べると、かなり格安となっています。

 

制限がない自由度の高さ

銀行やクレジットカードでの決済では「制限」や「上限」が設けられています。

制限を気にしながら取引を行うのにストレスを感じたことがあるという人も多いはずです。

そんなストレスを解消したのがビットコインです。

ビットコインは、使用する国によって通貨の価値や単位が異なるといったことがありません。どの国でも同じ感覚で使用することができます。

 

 

ビットコイン(bitcoin)の購入方法

ビットコインを購入するには「仮想通貨・暗号資産取引所」への申込や口座開設が必要となります。

ビットコインは、知名度が高く「ビットコイン10万円分買う」や「ビットコイン換金してみた」といったタイトルで数多くの動画が投稿されています。

すでに、購入方法を知っているという人も多いと思いますが、ここでは復習としてビットコインの購入方法も解説しておきます。

 

ビットコインを購入する取引所を選ぶ

ビットコイン_取引所

まずは、ビットコインの購入や換金を行うための「仮想通貨・暗号資産取引所」を探します。

「換金業者」や「交換業者」と呼ばれることもありますが、全て同じだと考えてください。

「ビットコイン 購入」や「ビットコイン 取引所」で検索をすると聞いたことのある大手企業等が数多くヒットすると思います。

その中から「手数料・スマホアプリ・取扱仮想通貨の種類・使いやすさ」等を比較して自分に合った業者を見つけます。

 

□ 取引所と販売所の違い □

ビットコインを取り扱う業者の中には「取引所」と「販売所」の2つが存在します

どちらも同じだと勘違いしてしまう人もいますが、全く違うので注意してください

取引所は、ユーザー同士でのやり取りを行う「株取引」と同じ方式となります。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザーが揃うことで初めてビットコインの取引が成立します。

販売所は、業者が保有している仮想通貨を提示価格で購入・売却する「FX」と同じ方式となります。業者が仲介役を担っていることから、売値と買値に1~5%の差が生じています。

同じ値動きをした時に取引所よりも得られる利益が少なくなっています。

ビットコインを購入する際は、販売所よりも取引所を推奨する専門家やサイトがほとんどです。

 

口座開設の申し込み

利用する業者が決まれば、口座開設の申し込みを行います。

選んだ業者によって細かな点は異なりますが、専用の申し込みフォームを用意してくれているので指示に従いましょう。

株やFXと同様に本人確認が必要となるので事前に必要な書類を集めておくことをおすすめします。

 

口座開設に必要となるもの

  • 登録用メールアドレス
  • 本人確認のための身分証明書(パスポート・運転免許証・マイナンバーカード)
  • 入出金を行うための銀行口座

 

日本国内にある大手取引所・業者の多くは365日24時間口座開設を受け付けています。

現在は、インターネット上で全ての手続きを完了させられるようになっているので、スキマ時間に口座を開設することも可能です。

中には、申込みから10分ほどで口座開設が完了できる業者も存在します。

ビットコイン_購入

 

取引所・業者の口座に入金する

無事、口座開設が終わり口座が使える状態になれば、ビットコインを買うためのお金を入金します。

入金方法は取引所・業者によって多少異なりますが、

  • 銀行ATMからの入金
  • コンビニでの入金
  • ネットバンキングからの入金

上記3つが主流となっています。

好きな方法でも問題ありませんが、手数料を抑えたいという場合はネットバンキングからの入金がおすすめです。

他の入金方法は手数料が発生しますが、ネットバンキングからの入金は手数料が無料となっている取引所・業者が多くなっているからです。

 

ビットコインを購入する

取引所・業者の口座への入金が終われば、後はビットコインを購入するだけです。

取引所・業者によっては「現物取引」と「レバレッジ取引」の2種類が存在しますが、株やFXに慣れていない人は「現物取引」を選択しましょう。

レバレッジ取引は、用意した資金以上の金額でビットコインを購入することができるといった魅力がありますが、「損失は全て借金になる」といった大きなリスクが伴います。

株・FX・仮想通貨に対して高い知識や豊富な経験がない人は、必ず現物取引を選ぶようにしてください。

後は、画面の指示に従ってビットコインを購入していくだけでOKです。

 

ビットコインはいくらから購入できる?

ビットコインの購入を検討している人からの疑問で最も多いのが「ビットコインはいくらから購入できるのか?」です。

テレビやネットのニュースでは「1ビットコインが100万円を突破しました!」等、1ビットコインの価格ばかりをアピールしていることから、「最低購入単位が1ビットコイン」だと勘違いしている人も多くいます。

ですが、日本の取引所・業者の多くは「0.01ビットコイン」から購入できるようになっています

1ビットコインの価格が200万円でも、0.01ビットコインなら「2万円」で購入できるので安心してください。

「0.0001ビットコイン」といった少額からでも購入できる取引所・業者もあるようなので気になるという人は調べてみてください。

ビットコイン_いくらから買える

 

 

ビットコインをオンラインカジノで使用するときのメリット・デメリット

ビットコインを含む仮想通貨・暗号資産の需要が高くなったことから、一部のオンラインカジノでは仮想通貨・暗号資産による入出金にも対応しています。

ビットコインは、特に対応しているオンラインカジノが多くなっています。

しかし、ビットコインを使ってオンラインカジノで遊ぶ際には、いくつかの注意点があるので覚えておきましょう。

 

ビットコインをオンラインカジノで使用するメリット

ビットコインをオンラインカジノで使用するメリットはやはり「使えるオンラインカジノが多い」といった点です

他の仮想通貨・暗号資産と比べると、ビットコインに対応しているオンラインカジノの数はかなり多く、遊べるオンラインカジノの選択肢が多いといった点はビットコインのメリットの1つです。

また、他の入出金と比べると「手数料が安い」というメリットもあります

銀行送金やクレジットカード決済による入出金には必ず手数料が発生しますが、一方のビットコインでの入出金は「無料」「格安」となっているオンラインカジノがほとんどです。

オンラインカジノでも「仲介業者がいない」といったビットコインのメリットが利用できるようになっています。

さらに「着金が早い」というユーザーの声も多くあります

他の入出金方法では、手続きから実際に着金されるまでにタイムラグが生じます。

しかし、ビットコインであれば早ければ数分、遅くても30分以内にはオンラインカジノのアカウントへ反映されます。

入出金に関するストレスを感じたくないというユーザーからの支持を集めています。

 

ビットコインをオンラインカジノで使用するデメリット

ビットコインをオンラインカジノで使用する際のデメリットとして「価格変動のリスク」が挙げられます

もちろん、日本円やドルで入金した場合でも価格変動は常に起きていますが、ビットコインは振れ幅が大きいといった特徴があります。

入金した時と出金する時のビットコインの現在価格が大きく異なることも珍しくありません。

ビットコイン_価格変動

損をしないタイミングで出金をする必要があります。

また、多くのオンラインカジノでは「入金方法と出金先はセット」となっています。

ビットコインで入金した場合、出金先もビットコインとなります

価格変動によって、出金すると損をするから銀行送金に切り替えるということはできないので注意してください。

 

 

便利なビットコインでオンラインカジノを満喫しよう

以上がビットコインに関する基本情報のまとめとなります。

ビットコインは、安全・安心して使える仮想通貨・暗号資産として世界中から高い人気・需要を集めています。

その安全性の高さや使い勝手の良さは、オンラインカジノ業界にも浸透しつつあります。

ビットコインを所持していて使いみちがない、オンラインカジノで安全に遊べる入出金方法を探しているという人は、ビットコインを使ってオンラインカジノを楽しんでみてはいかがでしょうか?