便利過ぎると話題!
スティックペイ(sticpay)の基本情報と入出金方法

スティックペイ

インターネット上で買い物をするときの支払い方法として「電子決済サービス」の注目度が年々高まっていて、特に銀行引き落としやクレジットカード決済にはない使い勝手の良さから利用するユーザーが増え続けています。

「スティックペイ(sticpay)」は、電子決済サービスの中でも特に多くのユーザーを獲得していることで話題を集めています。

オンランカジノの決済手段の中でも人気の電子決済サービスです。

ここでは、スティックペイ(sticpay)の基本情報と一緒に入出金方法を簡単に解説していきます。

 

 

スティックペイとは?

スティックペイ(sticpay)を一言で説明すると「使い勝手の良い電子決済サービス(オンラインウォレット)です。

スティックペイとは、2017年にイギリスから始まった電子決済サービスの1つで、安全・安心・スピーディー・シンプル等、数多くの魅力・特徴を持っています。

2019年には金融業界のトップライセンスである「イギリスFCAライセンス」を取得している安全性の高い電子決済サービスでもあります。

使い勝手の良さから日本だけではなく、世界中で利用者が急増しています。

 

日本語でのサポートに対応

スティックペイ(sticpay)は、海外発の電子決済サービスですが、サービスを提供している各国の言語に対応しています。

もちろん、日本で利用する際には違和感のない日本語でしっかりとサポートしてくれます。

わざわざ、外国語を和訳しながら利用するといった手間や時間がかかる心配はありません。

難しい日本語を利用しているスタッフからの手厚いサポートを受けられるといった安心感があります。

 

日本円にも対応 国内のATMでの出金も可能

スティックペイ_ATM

当たり前のことですが、スティックペイ(sticpay)は日本円に対応しています。

もちろん、日本円に対応している他の電子決済サービスも数多くありますが、その中でもスティックペイは使い勝手の良さが抜群だと評判になっています。

「STICカード」と呼ばれるプリペイドカードを使用する事で、ATMさえあればどこからでも入出金が可能です。
※STICカードの発行には110ドル以上の残高が必要となります。

また、スティックペイの口座から国内銀行送金(出金・振込)も可能となっています。

STICカードと自分の銀行口座のどちらからでもお金を引き出せるといった点は大きな魅力と言えるでしょう。

 

通貨の両替が簡単

自分の口座にあるお金を簡単に「両替」が出来るといった点もスティックペイ(sticpay)の魅力の1つです。

日本円・米ドル・ユーロ・豪ドル等、世界中の様々な通貨と両替が可能となっています。

 

使用用途が多岐に渡る

スティックペイ(sticpay)が世界中でユーザーを増やし続けている理由は「使い勝手の良さ」です。

ネットショッピングだけではなく、オンラインゲームの支払いやオンラインカジノの入金、さらに海外fx業者といった様々なジャンルに使用することができます。

スティックペイの口座を1つ所持していればインターネット上での支払いに困ることはないと言われることも珍しくありません。

 

入出金の処理がスピーディー

入出金の手続きを行ってから実際に処理が始まるまでにタイムラグがある電子決済サービスも存在します。

タイムラグが長くなるだけで大きなストレスになってしまいます。

スティックペイ(sticpay)は、入出金の手続きを行ってから送金と受取までがスピーディーとなっています。

ストレスなく使用できる処理速度と反映速度も魅力の1つです。

スティックペイ_入出金処理

 

 

 

スティックペイ(sticpay)の口座開設方法

スティックペイ(sticpay)は誰でもすぐに利用出来る電子決済サービスですが、利用するためにはアカウント登録・口座開設を行う必要があります。

アカウント登録・口座開設は、かなり簡略化されています。

インターネット上での手続きに不慣れな人でも数分で完了させられるので安心してください。
また、口座開設にかかる費用が気になるという人もいるかもしれませんが、スティックペイは無料で口座開設ができるようになっています。

 

口座開設の条件

誰でもすぐに利用出来るスティックペイですが、満たさなければいけない条件が2つだけあります。

  • 18歳以上
  • スティックペイがサービスを提供している国に住んでいる

残念ですが、18歳未満の人はスティックペイを利用することはできません。

また、スティックペイがサービスを提供していない国からの利用も不可能となっています。

もちろん、日本はサービスを提供している国なので、日本在住であれば口座を開設することができます。

 

事前に準備しておいた方が良い書類

スティックペイでは、口座開設の際に「本人確認」が行われます。

指定の証明書を提出することになるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

スティックペイ_必要書類

身分証明書
・運転免許証(両面)
・マイナンバーカード(両面)
・パスポート

居住証明書
・公共料金の領収書(電気・ガス・水道)
・クレジットカード明細書
・住民票
・納税証明書

スティックペイの口座に所持しているクレジットカード・デビットカードで入金をしたいという場合は、カードの両面画像も必要となるので注意してください。

 

アカウント登録の流れ

アカウント登録はスティックペイ(sticpay)の公式サイトから行います。

公式サイトにアクセスすると日本語のサイトが表示されます。

万が一、日本語以外の言語で表示されている場合は、画面右上にある国旗をクリックして日本を選択しましょう。

 

画面右上のメニューから「会員登録」をクリックすると、アカウント登録画面が表示されます。

画面の説明に沿って必要な情報を入力していき、最後に「次へ」を押すだけでOKです。

ここで注意してもらいたいのが「名前・名字がアルファベット入力」だという点です。

間違えて漢字で入力しないように気を付けてください。

通貨は「日本円(JPY)」で問題ありません。

 

次に「SMS認証」が始まるので自分の電話番号を入力しましょう。

この時に「最初の0を省略する」事を忘れないようにしてください。

電話番号が「080-1234-5678」であれば「8012345678」と入力する事になります。

すぐに携帯に「認証コード」が届くので指示された通りに、認証コードを入力すればアカウント登録は完了です。

 

口座開設のための証明書・書類の提出方法

アカウント登録が完了した後は「口座開設の手続き」を行うことになります。

アカウントを作成したついでに行う場合は「マイページ」に移動しましょう。

一度、ログアウトしてしまったという場合はログインし直してマイページを開きます。

マイページの上部に「必要な書類をご提出ください」というリンクが用意されているのでクリックします。

必要事項の入力と事前に用意していた証明書・書類の画像を指示通りにアップロードすれば手続きが完了です。

後は、審査完了のメールが届くのを待ちましょう。

 

 

スティックペイの入金方法

スティックペイの口座への入金は、マイページにログインして「入金」をクリックします。

希望の入金方法を選択して、必要事項の入力をするだけです。

入金方法は、銀行送金・クレジットカード決済・仮想通貨となっています。

国内銀行送金であれば、通常3~5営業日が入金にかかる時間の目安となります。

スティックペイ_入金方法

 

 

 

スティックペイの出金方法

スティックペイの口座にあるお金を出金も同様です。

マイページにログインして「出金」から希望する出金先を選択して必要事項を入力します。

出金先は、国内外の銀行・仮想通貨・STICカードとなっています。

 

 

スティックペイの手数料

スティックペイで入出金を行う際には「手数料」が発生します。

一般的な銀行や他の電子決済サービスと比べると比較的リーズナブルになっています。入出金に関する手数料は以下となります。
※2022年3月現在

スティックペイ_手数料

入金
・国内銀行送金 2%
・海外銀行送金 1%
・クレジットカード 3.85%
・仮想通貨 1%

出金
・国内銀行送金 600円+2.5%
・海外銀行送金 5%
・仮想通貨 1%

入出金にかかる手数料は定期的に見直される・変更される可能性があります。

こまめにチェックするようにしましょう。

 

 

便利なスティックペイ(sticpay)で快適なネットライフを実現しよう

スティックペイ(sticpay)は、使い勝手の良さや手数料のリーズナブルさから世界中で多くのユーザーを獲得している電子決済サービスです。

スティックペイが利用できるネットショッピング・オンラインゲーム・オンラインカジノもドンドン増えています。

スティックペイのアカウント・口座が1つあるだけでインターネットの快適性が大きく向上します。

これから利用する電子決済サービスを探しているという人は、ぜひスティックペイの登録・利用を検討してみてください。