宝くじナンバーサービスってなに? 宝くじガイド!

宝くじナンバーサービスってなに?

宝くじナンバーサービスとは、「好きな番号の宝くじを一年間予約して買うことができ、かつ当選番号も調べてもらえる」という便利なサービスのことです。

宝くじの通信販売システムとも言うことができますが、いつでもこのサービスが利用できるわけではなく、新規加入者の募集は年末から年始の間のみ、継続加入者の継続利用の申込は10月から11月にかけてのみ、という”期間限定予約システム”になっています。

この宝くじナンバーサービスで買えるくじは、来年度に発売される全国自治宝くじです。スクラッチや、ロト6、ナンバーズなどの数字選択式宝くじは除きます。

宝くじナンバーサービスの申込タイプは以下の2つです。

?全国自治宝くじを対象とした「一般口」

?年に5回発売されるジャンボ宝くじのみを対象とした「ジャンボ口」

?の「一般口」は、10枚(連番)一口。一口あたり2万1000円となります。

これは、年3回の全国自治宝くじ(1枚200円)を10枚購入することになるので、200円×10枚×3回=6000円。プラス、年5回のジャンボ宝くじ(1枚300円)が10枚で、300円×10枚×5回=1万5000円。合わせて2万1000円という計算です。

一方?の「ジャンボ口」は、ジャンボ宝くじのみなので、一口1万15000円となります。10枚(連番)一口です。

この宝くじナンバーサービスを利用するメリットとして、次のようなことが挙げられます。

?自分の好きな番号が申し込める

?宝くじ売り場へ行く手間が省ける

?当選番号を調べる手間が省ける

?当せん金の換金の手間が省ける

などです。

100万円以下の当せん金は指定した銀行に自動的に振り込まれますし、また毎年9月2日のくじの日に行われるお楽しみ抽せんの番号も調べてもらえます。

より詳しいお問い合わせは、みずほ銀行宝くじ部・宝くじナンバーサービス係まで。
お電話番号は、03-3944-9201です。

オンラインカジノおすすめランキングはこちらからご覧ください

Leave a comment