ギャンブルをプレイする全ての人が注意すべき依存症。

負けが続いてしまうこともあり、ついついアツくなってしまったという経験がある方も少なくないでしょう。
そんな時に重要なのが、カジノが設定するギャンブル依存症対策。

この記事では、大手オンラインカジノ賭けっこリンリンが提供する依存症対策について詳しく解説していきます。

 

賭けっこリンリンで設定できる依存症対策

「”自己規制 : ギャンブルを続行することに問題を感じた場合は、カスタマーサービス に連絡をし、使用中のアカウントに対して自己規制期間を設ける事ができます。
以下の期間、自己規制が利用できます。
・1週間・2週間・1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
申請を受けてから早急に自己規制を適用する作業を進めますが、これを実装するにはある程度の作業期間要することをご了承ください。
自己規制期 適用 後からお客様に通知がされるまで、開始したものとみなされません。この後も当社のサービスにアクセス可能であると判明した場合、当社まで連絡をしてください。”

引用元:駆けっこリンリン公式ページ

 

賭けっこリンリンでは、ギャンブル自己規制として使用中のアカウントにログイン規制を設定することができます。

ログイン規制を行うには、規制を行いたいアカウントからサポートに連絡し、以下から規制の期間を選択することが可能です。

・1週間
・2 週間
・1 ヶ月
・3 ヶ月
・6 ヶ月

サポートがログイン規制の措置を完了すると、登録したメールアドレスに選択した期間ログインを規制する旨のメールが届きます。

賭けっこリンリンでは、このログイン規制を利用してギャンブル依存を防止することが可能です。

 

ギャンブル依存を自己評価するギャンブルポリシー

賭けっこリンリンでは、自己規制までいかなくても、自分がどれくらいギャンブルに依存しているかを確認することができるギャンブルポリシーを公開しています。

ギャンブルポリシーは、質問に答えていくことによって、客観的に自分を評価できるよう作られているため、不安がある方は質問を読んで進めていくと良いでしょう。

ギャンブルポリシーの一例は以下の通りです。

・つまらない日常や不幸な人生を忘れるためにギャンブルをしますか?
・最後の1円がなくなるまでギャンブルをしますか?それが、たとえば家への交通費や生活費だとしてもですか?
・負けた後、できるだけ早くもう一度挑戦して損失を勝たなければならないと感じますか?
・議論、不満、失望によりギャンブルをしたくなりますか?

これらの質問の答えに「はい」が多ければ多いほど依存の可能性が高いので、もし該当する方は客観的に自分を評価して、適切な処置をとるようにしましょう。

 

連絡先サポート

賭けっこリンリンで、自己規制を行いたい場合やギャンブル依存の可能性がある場合は、以下のメールアドレスに内容を送信してください。

メールアドレス:csd@kakerin.com

このメールアドレスは、24時間365日受け付けているので、時間や曜日など関係なく問い合わせることができます。

皆さんが楽しくカジノをプレイできるように、ギャンブル依存を防止しながらゆとりのあるベットを行いましょう。