人気のオンラインカジノ「Wazamba(ワザンバカジノ)」は、2019年のサービス開始から着実にユーザーを増やし続けているオンカジです。

Wazambaの特徴の1つとして「複数の出金方法を用意している」といった点が挙げられます。

ですが、ネット上ではたまに「ワザンバの出金遅い」といった口コミをたまに見かけます。

そこで今回は、Wazambaの出金方法と一緒に着金までのスピードをまとめてみました。

 

Wazamba(ワザンバカジノ)の出金方法一覧

まずは、Wazambaの出金方法一覧をおさらいしておきましょう。

  • ecoPayz:1,500円/40万円
  • STICPAY:1,500円/60万円
  • AstroPay:1,500円/20万円
  • Jeton:1,500円/20万円
  • MuchBetter:1,500円/20万円
  • Vega wallet:1,500円/20万円
  • 仮想通貨:1,500円/60万円

2022年10月現在、残念ながらまだ銀行振込には対応していません。

また、最小出金可能額は「1,500円」で固定となっていますが、最大出金可能額は出金方法によって異なります。

基本的には、電子決済サービスは「20万円」、仮想通貨は「60万円」となっています。

出金方法や最小/最大出金額は、変更になる事があるので、こまめに確認するようにしてください。

 

手数料は無料

様々な出金方法を用意しているWazambaですが、出金方法に関係なく「手数料は無料」となっています。

出金の際に無駄なお金がかからないというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

1日・1ヶ月の出金限度額はVIPレベルで異なる

Wazambaは「1日・1ヶ月」で「出金限度額」が設けられています。

期間内の限度額は、全てのユーザーが同じではなく「VIPレベル」によって変動します。

オンラインカジノのハイローラーはVIPレベルが高くなればなるほど、出金限度額は高くなります。

 

着金までのスピード

Wazambaではユーザーが出金申請を行うと、申請内容に間違いがないか、出金条件を満たしているか等のチェックをしています。

アクティブユーザーが多い「週末・休日・連休」といった期間中は、出金申請の承認に普段よりも時間がかかると言われています。

しかし、比較的スピーディーに承認が行われる平日であれば、出金申請から24時間以内に着金したという口コミの方が多くなっています。

出金申請のタイミングを間違えなければ、他のオンカジと遜色ないスピードで着金させられるようです。

また、出金遅いという口コミの中には「本人確認」「アカウント認証」が終わっていないユーザーも少なからず存在しました。

本人確認・アカウント認証を完了させる前に出金申請を行うと普段よりさらに時間がかかります。

アカウント作成時や初めてWazambaで遊ぶ時など、出金申請を行う前に事前に本人確認・アカウント認証は済ませておきましょう。

 

まとめ

Wazambaの出金が遅いという口コミですが、出金申請が多くなる週末や休日限定のようです。

アクティブユーザー数が落ち着いている平日であれば、他のオンカジと同様にスピーディーな着金が可能です。

出金申請から着金まで出来るだけスムーズに行いたいという場合は、出金申請を行うタイミングに注意しましょう。