日本人ユーザーから高い人気を集めているオンラインカジノ「ギャンボラ(GAMBOLA)」では様々な入金方法を用意しています。

入金方法が多すぎて、それぞれの細かな特徴を把握しきれていないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ギャンボラの入金方法や限度額、手数料をわかりやすくまとめてみました。

 

入金方法一覧

ギャンボラ(GAMBOLA)で現在(2022年10月)利用出来る入金方法は以下となります。

最も利用者の多い銀行振込とクレジットカード決済だけではなく、ここ数年で利用者が急増している電子決済サービスにも対応しています。

ecoPayzやVega walletといった世界的にユーザー数が多い電子決済サービスに対応しているといった特徴があります。

特に数多くの日本のオンラインカジノで利用出来るecoPayzは、資金管理を一本化出来ると評判になっています。

また、注目度の高いTIGER PAYにもギャンボラはいち早く対応しました。

複数の入金方法を用意しているので、入金のために口座を開設する等の手続きは必要ありません。

 

入金限度額一覧

ギャンボラは入金方法によって最小/最大入金限度額が異なります。

自分の普段のプレイスタイルに合わせた入金方法を選ぶようにしましょう。

  • 銀行振込:10ドル/5,000ドル
  • VISA:10ドル/5,000ドル
  • Mastercard:10ドル/1,000ドル
  • ecoPayz:10ドル/25,000ドル
  • Vega wallet:10ドル/25,000ドル
  • TIGER PAY:10ドル/25,000ドル

銀行振込とクレジットカード決済よりも電子決済サービスの方が入金限度額が高く設定されています。

また、Mastercardのみ入金可能額が1,000ドルと他の入金方法よりも若干低くなっているといった点に注意しましょう。

 

ギャンボラの手数料について

ギャンボラは、VISAを除く全ての入金方法の手数料が無料となっています。

VISAのみ「入金額の2%」の手数料が発生します。

また、利用する金融機関によっては、手数料が発生するケースもあるので注意してください。

ギャンボラ以外で発生する手数料に関しては、利用する金融機関・決済サービスに問い合わせましょう。

 

まとめ

ギャンボラは銀行振込・クレジットカード決済以外にも、世界的にニーズの高い入金方法を用意しています。

各入金方法の最小入金額は10ドル固定となっていますが、限度額にバラつきがあるといった点に注意しましょう。

また、手数料はVISA以外は無料なので、無駄な出費を少しでも抑えたいという場合は、VISA以外の入金方法を検討してみてください。