バーネット法(1326法)は勝てる?ベストな使い方を徹底解説!

バーネット法

世の中には数多くの「攻略法・必勝法」と呼ばれるものが存在します。

それぞれの攻略法は、正しい使い方を続ける事で安定した利益を得る事が出来ます。

オンラインカジノが盛り上がり始めてから、特に多くの注目を集めたのが「バーネット法(1326)」と呼ばれる攻略法です。

今回は、バーネット法のメリット・デメリットやベストな使い方を解説していきます。

 

 

バーネット法とは?どんな賭け方なの?

ギャンブルの攻略法は難しいというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、バーネット法は誰でも簡単に使う事が出来る攻略法となっています。

バーネット法とは、ゲームでべットする際に賭け金を「1倍・3倍・2倍・6倍」といった順番で賭けていきます。

賭ける倍率の順番から「1326法」と呼ばれる事もある攻略法です。

バーネット法の使い方・1セットの流れは以下となります。

  • ベースとなる賭け金を決める
  • 最初のゲームでベースとなる賭け金の「1倍」を賭ける
  • ゲームに勝てば次のゲームをベースの「3倍」に増やす(負けた場合は最初に戻る)
  • 勝てばベースの「2倍」を賭ける(負けた場合は最初に戻る)
  • 勝てばベースの「6倍」を賭ける
バーネット法_ルール

 

バーネット法を使って4連勝を達成した後も2パターンに分かれます。

1つ目のパターンが「賭け金をリセットする」です。
2つ目のパターンが「負けるまで6倍のままべットし続ける」です。

どちらもそれぞれ異なるメリット・デメリットがあるので、これは完全に個人の判断に委ねられます。

どちらを選んだとしても、1回ゲームに負ければ賭け金はリセットされるので、

基本的には、

  1. 損失を抑えたい人は賭け金をリセット
  2. 利益(勝利金)を増やしたい人は負けるまで6倍をべットし続ける

といった考え方でOKです。

 

 

バーネット法とグッドマン法の違いとは?

バーネット法に似た「グッドマン法」と呼ばれる攻略法もあります。

バーネット法の賭け方が「1倍・3倍・2倍・6倍」なのに対して、グッドマン法は「1倍・2倍・3倍・5倍」となっています。

グッドマン法もバーネット法と同様に賭け方から「1235法」と呼ばれています。

バーネット法はグッドマン法を改良した攻略法だと勘違いしている人も多いですが、全く別物だという点に注意してください。

共通点が多い2つの攻略法ですが、

  • バーネット法は「連勝した時の利益が大きい」
  • グッドマン法は「負けた時の損失が小さい」

といった違いがあると覚えておくと良いでしょう。

 

 

バーネット法のメリット

残念ながら、バーネット法にも「デメリット」が存在します。しかし、デメリットが存在しない攻略法はないので、当たり前の事だと言えるでしょう。

メリットだけではなく、デメリットも忘れず覚えておきましょう。

 

短期間で大きな利益を得にくい

バーネット法は、リスクを抑えながら利益を狙える便利な攻略法です。しかし、「短期間で大きな利益は得にくい」といった特徴があります。

長期的な収支を安定させる事は出来ても、1日や数日といった短い期間で見ると勝てない事も珍しくありません。

また、1回負ける毎に賭け金がリセットされる事から、1ゲームで大きな利益を得るのが難しくなっています。

もちろん、賭け金のベースを増やせば1ゲームで得られる利益も増えます。

しかし、ベースを増やしてしまった事が原因による資金ショートを起こしてしまうと強制退場となるリスクが増える事から、あまりおすすめは出来ません。

短期間で大きな利益を得たいというリスキーな賭け方を望む人には向かない攻略法となっています。

 

勝ち負けを繰り返すと利益が増えない

バーネット法は、「連勝する事で利益を得る攻略法」です。

ゲームに負けた際は賭け金がリセットされるので「勝ち負け」を繰り返すとなかなか利益が増えないといった状況に陥ります。

損失を抑えつつ利益を狙う事が出来る攻略法ですが、必ず勝てるわけではないといった点を頭の片隅に置きながらゲームをプレイしましょう。

なかなか連勝が出来ないと感じた時は、早めに撤退して別のギャンブルや別の日にリベンジするのもおすすめです。

 

 

バーネット法のデメリット

バーネット法の使い方を聞いただけでは「何が優れているのか」といった点が理解しにくいですよね。

ギャンブルの攻略法はメリットとデメリットの両方を把握してから活用するのが大切だと言われています。

ここではバーネット法を使うメリットを詳しく解説していきます。

 

ギャンブル初心者でも簡単に使えるシンプルさ

バーネット法についての解説で述べた通り、バーネット法は「難しい計算やこまめな状況判断をする必要がない攻略法」です。

決められた賭け金をべットしていくだけなので、初めてギャンブルをするという人でもすぐに使う事が出来ます。

誰でも簡単に使えるシンプルな攻略法だという点で多くのギャンブラーから人気を集めています。

 

損失を抑えながらプラス収支を狙える

ゲームを問わず、ギャンブルで勝つためには「損失を抑える」事が必須となります。

1ゲームでの勝利金が多くても、それ以外のゲームで多額のマイナスを出しているとトータル収支はマイナスのままですよね。

バーネット法は、連勝する回数が増えれば増えるほど、トータル収支がマイナスになるリスクが減っていきます。

1回負けると賭け金がリセットされるという性質を持っているので、長期的な収支で考えるとしっかりと損失を抑えられるようにもなっています。

損失を抑えつつ、連勝した時にはしっかりと利益を得られるというのがバーネット法の最大のメリットだと言えるでしょう。

 

活用出来るギャンブルが多い

攻略法の中には「バカラでしか使えない」「ポーカーでしか使えない」等、1つのギャンブルでしか使えないものも存在します。

しかし、バーネット法は「勝率が50%で配当が2倍」という条件を満たしてるギャンブルであれば使用可能です。

代表的なギャンブルとして、「ルーレット(赤or黒や奇数or偶数の1/2)」や「バカラ」が挙げられます。

もちろん、本場のカジノだけではなく、オンラインカジノでも問題なく活用する事が出来ます。

様々なギャンブルで活用出来るといった理由から、覚えておいて損はない攻略法だと言われています。

 

 

バーネット法は勝てる?勝てない?

記事を読んでバーネット法の使い方やメリット・デメリットを理解して貰えたと思います。

ですが、最も多くの人が気にしている「バーネット法で本当に勝てるのか?」といった話題にはまだ触れていません。

ネットで検索をしてみると「バーネット法は勝てない」といった意見も少なからず存在します。

結論から先に述べると「バーネット法は長期的に見ると勝てる可能性が高い攻略法」だという事になります。

何度も言うように、バーネット法は損失を抑えながら連勝した時に利益を得ていく攻略法です。

勝てないと発言している人の多くは「実践期間が短い」といった共通点があります。

数ゲームや数日程度では、ゲームの勝率が1/2から大幅にブレる事も珍しくありません。

たった数日足らずでバーネット法が勝てないと判断するのは、早すぎると言えるでしょう。

また、バーネット法が使えないギャンブルで実践した結果勝てないと結論づけている人もいるようです。

バーネット法だけではなく、全ての攻略法に言える事ですが、当該の攻略法で勝つためには「決められたルールを必ず守る」事が必須となります。

勝率1/2・配当2倍という条件を満たしていないギャンブルで検証していたり、バーネット法で増やした資金を別のギャンブルで使ってしまっては全く意味はありません。

バーネット法を使う時は、決められたルールを破らないようにしましょう。

 

シミュレーションで試してみるのがおすすめ

実は、バーネット法は簡単にシミュレーションをする事が出来る攻略法でもあります。

勝率が50%のギャンブルであれば何でも活用出来るので、財布の中に入っている小銭でもシミュレーションを行う事も可能です。

コインの裏表を予想しながら結果とべット金額によって得られる利益と損失をメモしていけば、バーネット法がどれだけ優れた攻略法なのかといった点に気付いてもらえると思います。

もちろん、数回・数セットでは収支が安定する事はありません。試行回数が少ない時期はプラス域とマイナス域を行ったり来たりするでしょう。

そんな時は通算収支の増え方と減り方に注目してみてください。

収支が下がるペースは緩やかなのに対して、連勝した時はしっかりと収支が上向いているはずです。

バーネット法の有用性に疑問を抱いている人は、シミュレーションでバーネット法を試してみてください。

 

 

バーネット法で長期的に収支をプラスにしよう

バーネット法は、誰でも簡単に使える攻略法の1つです。

勝率50%で配当が2倍のギャンブルであれば使用出来るといった便利さも魅力の1つです。

残念ながら、短期間で多くの利益を得るのには向かない攻略法ですが、リスクを抑えながらゆっくりと収支をプラスにしていく事は可能です。

長期的に収支をプラスにしたい、なるべく軍資金を減らさずオンラインカジノで遊びたいという人に試してほしい攻略法となっています。