オンラインカジノガイド

オンラインカジノにおけるグッドマン法

リスクを抑えつつ利益を狙うことができる攻略法として知られている「グッドマン法」。シンプルな使い方で初心者でも扱いやすいといわれているカジノ必勝法です。

今回は、そんなグッドマン法の使い方やオンラインカジノで効果的に使用する方法などを紹介していきます。

 

↓↓今人気のオンラインカジノ↓↓

総合評価無料ボーナス入金ボーナス賭け条件ハイライト
1
カジノエックス
100%
$30

入金額2000円以上で200%、最高で20万円
+20回のフリースピン

20倍~30倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
2
カジノシークレット
100%
なし

初回入金で勝利できなければキャッシュバック

出金条件なし
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
3
ジャックポットシティ
100%
なし

初回から4回目まで入金ごとに最大$400

50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
4
スピンカジノ
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で$1000

50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
5
ボンズカジノ
100%
$30

初回から5回目の入金まで最大で$2000

25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
6
カジ旅
100%
$40

入金額の100%-25%、合計で$500

19倍
  • $40分の無料

    ボーナス

  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
7
ベラジョンカジノ
100%
$30

入金額の100%、最高で$500

20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
8
ジョイカジノ
100%
$30

初回入金額の200%、最大 5000円

入金額+ボーナス額×20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有

グッドマン法とは

グッドマン法とは

グッドマン法とは、勝った時にベット額を増やしていく攻略法です。

「1,2,3,5」の順でベット額を増やしていくことから、別名「1235法」とも呼ばれています。

単位が1となるため、$1だけではなく、$10としてベットしていくことも可能。

最初に$10をベットした場合は、次の「2」では$20を賭け、「3」では$30を賭けるということになります。

グッドマン法は、連勝することで次の単位に移行する流れになるのが特徴。

$1ベットで勝った場合、次は$2ベット。$2で勝ったら次は$3、更に勝ったら$5を賭けていく・・・というようにベット額を調整していきます。

4連勝した場合は、$5を賭け続けるのが基本です。

グッドマン法は、勝率が50%のテーブルゲームに適した攻略法です。人気のゲームでは、バカラ、ルーレットカジノ、ブラックジャック、大小等が挙げられます。

オンラインカジノ業界には、勝率50%のゲームは数多くあります。その中で自分の好きなゲームや得意なゲームにグッドマン法を活用していきましょう。

 

 

グッドマン法の使い方・手順

上記でも紹介した通り、グッドマン法の使い方はとても簡単で、連勝した場合に、1,2,3,5,5,5・・・と賭け続けていきます。

例えば、配当1倍で4連勝をした場合は下の表のようになります。

回数 ベット額 勝敗 損益
1回目 $1 $1
2回目 $2 $3
3回目 $3 $6
4回目 $5 $11
5回目 $5 $16

なお、途中で負けてしまった場合は、$1からやり直します。

回数 ベット額 勝敗 損益
1回目 $1 $1
2回目 $2 $3
3回目 $3 $6
4回目 $5 $6
5回目 $1 $7

このように使い方はとても簡単で、負けるまで1,2,3,5,5,5・・・と賭けていくだけです。

リスクを最小限にしながら利益を確保することができます。初心者でもわかりやすく使いやすい攻略法と言っていいでしょう。

 

 

グッドマン法のシミュレーション

実際にウィナーズ投資法を使ってみたシミュレーションを表にしてみました。

回数 ベット額 勝敗 損益
1回目 $1 $1
2回目 $2 ー$1
3回目 $1 ー$2
4回目 $1 ー$1
5回目 $2 ー$3
6回目 $1 ー$4
7回目 $1 ー$3
8回目 $2 ー$1
9回目 $3 $2
10回目 $5 ー$3
11回目 $1 ー$2
12回目 $2 $0
13回目 $3 $3
14回目 $5 $8
15回目 $5 $3
16回目 $1 $4
17回目 $2 $6
18回目 $3 $3
19回目 $1 $2
20回目 $1 $1
21回目 $1 $2
22回目 $2 $4
23回目 $3 $7
24回目 $5 $12
25回目 $5 $17

25ゲーム中、勝利16回、敗北9回、最大連勝数5回、最大連敗数3回となり、累計損益は最終的に+$17となりました。

グッドマン法は、勝利時に出た利益の一部をしっかり確保しながら賭けていく攻略法となっているため、ゲーム数を重ねれば重ねるほど大きな利益を期待することができます。

また、連敗時の賭け金が$1の固定となっているため、万が一連敗が続いてしまった場合でも$1ずつの損失となり、リスクも最小限に抑えることができるのが特徴です。

一瞬で莫大な利益を得ることはできませんが、コツコツと利益を得たい人にとっては最適な攻略法と言えるでしょう。

 

 

グッドマン法のシミュレーション

グッドマン法のメリット・デメリット

グッドマン法のメリット・デメリットは次の通りになります。

 メリット

  • 負けたときのリスクがかなり小さい
  • 少ない初期投資でも実践が可能
  • 連勝が続くことで大きく残高が増える

負けたときは$1のみの損失となるため、1ターンのリスクがかなり少ないというのは最大のメリットでしょう。

確実に利益を確保することができるため、初期投資が少ない場合でも実施ができるのも魅力的。

今回は初期投資を$1としましたが、$10を最初にベットし「10,20,30,50,50,50・・・」と賭けていくことも可能です。

グッドマン法は、マイナスの収支を良い状況で迎え、プラス収支をしっかり回収し続けられます。

 

 

 デメリット

  • 3連勝しなければ残高が増えない
  • ゲーム数を重ねなければ大きな利益が得られない
  • 一気に大きな勝利を手に入れることができない

リスクが少なくチャレンジしやすい攻略法ではありますが、ベット数が少額であるため、その分大きな利益を得るためにはそれ相応の時間がかかってしまうという点がデメリットでしょう。

初心者でも扱いやすい攻略法ですが、集中力が切れてミスが起きてしまう可能性も十分に考えられます。

他の攻略法に比べても時間のかかる攻略法なので、グッドマン法を用いる際は十分時間に余裕をもってプレイするようにしましょう。

オンラインカジノでグッドマン法を用いる際の注意点

グッドマン方法は、負けや連敗が続いても損失を最小限に抑えることができます。しかし、勝・敗・勝・敗・勝・敗・・・のように交互に勝敗が続いた場合、損失が大きくなっていくのが特徴です。

実際に勝敗が交互になった場合のシミュレーションを見てみましょう。

回数 ベット額 勝敗 損益
1回目 $1 $1
2回目 $2 ー$1
3回目 $1 $0
4回目 $2 ー$2
5回目 $1 ー$1
6回目 $2 ー$3
7回目 $1 ー$2
8回目 $2 ー$4

負けた場合ベット額が$1に戻るため、勝敗が交互になると、$1と$2を交互に賭けていくことになります。

そこまで大きな損失ではありませんが、細かく徐々に損失額が増えてきてしまうため、もし勝敗が交互になってしまった場合は、一度別の攻略法を用いて損失をプラスマイナスまで持ってきてから再開するといいでしょう。

オンラインカジノでグッドマン法を用いる際の注意点

ちなみに、勝敗が交互の場合で効果的な攻略法には、マーチンゲール法が挙げられます。

グッドマン法は初心者にもおススメできる簡単な必勝法ですが、必ずしも利益が出ると言い切れるわけでもありません。

そのため、勝敗のバランスを見ながらさまざまな攻略法に切り替えられるよう、グッドマン法以外にも何個か別の攻略法を覚えておくといいでしょう。