数多くのゲームを楽しむのに、おすすめのCasino Days(カジノデイズ)では、ライブカジノ「ゴールドバールーレット」というゲームが人気となっています。

世界中のプレイヤーを熱中させているゲームですが、意外と使えるオンカジ攻略法は少ないと言われています。

そこで今回の記事では、ゴールドバールーレットの勝ち方、勝つためのポイントを考察してみました。

 

ゴールドバールーレットの特徴

Casino Days(カジノデイズ)でプレイ出来るゴールドバールーレットは、業界最大手のエボリューションゲーミング社が提供しているゲームです。

基本的なルールは、ヨーロピアンルーレットと同じです。

ただ1点異なるのが「ストレートベット(1点賭け)が的中するとゴールドバー(金の延べ棒)が獲得出来る」といった点です。

このゴールドバーは、次回以降のラウンドでチップと同じようにベットする事が出来ます。

しかし、チップとは異なり「的中すれば88倍」という高額配当を得られるといった驚きのオマケ付きとなっています。

従来のルーレットにはなかった高額配当を狙えるといった点が世界中のプレイヤーの心を鷲掴みにしています。

 

ゴールドバーの使い方が勝敗を握る

ゴールドバールーレットは「ゴールドバーの使い方」が勝ち負けを大きく左右します。

要するに、「ゴールドバールーレットの勝ち方=ゴールドバーの貯め方・使うタイミング」だという事です。

 

●ゴールドバーを99%獲得する事は可能
ゴールドバーを獲得するには、1点賭けを的中させる必要があります。

「0」を除くと、36個の数字があるので1ラウンドで36箇所全てにベットすれば99%でゴールドバーを獲得する事が出来ます。

しかし、1ラウンドで獲得出来るゴールドバーの数は固定ではありません。

ベット締め切り後に、ディーラーが開けた金庫の中にあるゴールドバーの数がそのまま当該ラウンドで獲得ゴールドバーの数となります。

1ラウンドでのゴールドバーの獲得数は「1~20個」からランダムで選ばれ、1ラウンドの平均は「6個前後」となります。

獲得数は、完全にランダムとなるので多めに獲得出来る事を祈るしかありません。

 

●損をしてでもゴールドバーを獲得するのもアリ?
36個の数字全てにベットをする場合、「0.2ドル(Casino Daysの最小ベット額)×36=7.2ドル」が必要となります。

0以外は当たりで、ほぼ確実に獲得賞金「4ドル」を得られます。

ベット額から獲得賞金を引くと「7.2-4.0=3.2」となり、「3.2ドルの赤字」が生じます。

この方法を使う事で毎ラウンド3.2ドルを支払う事で、確実に目標の数だけ88倍の配当が得られるゴールドバーを集める事が可能です。

1ラウンドの獲得数を平均6個とすると、1点賭け全てにベットするためには単純計算で6ラウンドが必要となり「3.2×6=19.2ドル」かかります。

毎ラウンド適当な数字に1点賭けをするなら、3.2ドルを支払ってゴールドバーを集めた方が効率的です。

ゴールドバーの獲得数が多い方が、高額配当を狙えるチャンスが増える事を考えると、損をしてゴールドバーを集めるのも戦略の1つと言えるでしょう。

 

●集めたゴールドバーの賭け方

36本のゴールドバーを集めて、36個の数字全てにベットしても勝てるわけではありません。

ゴールドバーは的中した時のベット額がベースとなるからです。

0.2ドルで獲得したゴールドバーを36本集めて的中させても「0.2×88=17.6ドル」となるので赤字となります。

ゴールドバールーレットで勝つためには「ゴールドバーの重ね賭け」をする必要があると考えています。

実は、ゴールドバーは「最大配当の50万ドルまでなら重ね賭けが可能」となっています。

先程述べた通り、36本のゴールドバーを集めても36箇所に1本ずつベットしても勝つ事は出来ません。

しかし、18箇所に各2本ずつ賭けるとどうなるでしょうか?

当たる確率は「50%」まで下がってしまいますが、的中した時の勝利金は「0.2×176=35.2ドル」となり、収支はプラスになります。

ゴールドバールーレットで勝つには、この「どこまでベットする箇所を削って1点に賭けられる本数を増やせるか」が鍵を握っているという結論に至りました。

 

まとめ

考察した結果、「ゴールドバーは損をしてでも効率重視で集めても良い」、さらに「ベット点数と重ね賭けのバランスの見極め」が勝敗の鍵を握っているという考えに至りました。

Casino Daysのゴールドバールーレットをプレイする際は、ぜひゴールドバーの使い方を意識してみてください。