新感覚で話題沸騰中!First person Baccaratの特徴と実際にプレイしてみたレビュー

オンラインカジノの中で、常に高い人気を誇っているテーブルゲームが「バカラ」です。

ユーザーからの人気・需要が高い事から、ルールが異なる様々なタイプのバカラを用意しているオンラインカジノも多くあります。

そんなバカラの中で今最も話題を集めているのが「First person Baccarat(ファーストパーソンバカラ)」です。

今までのオンラインカジノのバカラにはない新感覚の楽しさや新しい攻略法が見つかりそうだという点で人気に火が付きました。

今回は、First person Baccaratの特徴と一緒に実際にプレイした時の感想をまとめてみました。

 

 

☆ファーストパーソンバカラで遊べるオンラインカジノ☆

総合評価 無料
ボーナス
入金ボーナス 賭け条件 ハイライト
1
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回入金で勝利できなければキャッシュバック
賭け条件: 出金条件なし
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
2
無料ボーナス: $45
入金ボーナス: 初回から5回目の入金まで最大で$2000
賭け条件: 25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
3
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回から3回目の入金まで合計最大$888
賭け条件: 30倍
  • 最大$888の入金ボーナス
  • 自己制限システムあり
  • 日本語サポート有
4
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 入金額の100%、最高で$500
賭け条件: 20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
5
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 入金額の100%-25%、合計で$500
賭け条件: 19倍
  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
  • ロトあり
6
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 最大$500までの150%初回入金ボーナス
賭け条件: 40倍
  • 最大$500の入金ボーナス
  • その他ボーナスも豊富
  • 日本語サポート有
7
無料ボーナス: $30
入金ボーナス: 最高$1000
初回入金額100%
賭け条件: 20倍
  • $30の無料ボーナス
  • ログイン時間制限可
  • 日本語サポート有
8
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回最大$100の100%入金ボーナス
賭け条件: 45倍
  • 入金ボーナス
  • ウィークリーキャッシュバック
  • 日本語サポート有
9
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回から4回目まで入金ごとに最大$400
賭け条件: 50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
10
無料ボーナス: なし
入金ボーナス: 初回から3回目の入金まで最大で$1000
賭け条件: 50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有

毎ゲームカードをシャッフルしないリアル寄りのバカラ​

ファーストパーソンバカラ_シャッフルしない

エボリューションゲーミングのFirst person Baccarat(ファーストパーソンバカラ)は、ディーラーがいない「ビデオバカラ」と呼ばれるタイプになります。

今までのビデオバカラは、毎ゲームシャッフルしたカードを配るといったシステムが採用されていました。

前のゲームで使ったカードも使っていないカードも一緒にシャッフルされていたので、1つ前のゲームと同じ手札が次のゲームにも表示されるといったケースも珍しくありません。

しかし、First person Baccaratは、52枚1セットのカードを8セット「合計416枚」を使用します。

当該ゲームが終了すると、使用したカードが山札に戻ることはありません。

最終的に416枚、全てのカードを使用するということです。

これによって、今まではビデオバカラでは活用できなかった「カウンティング」という攻略法が使用できるようになりました。

カウンティングが使えるかどうかといった点だけでも、攻略の仕方が大きく変わってきます。

オンラインカジノのバカラでカウンティングを駆使した攻略法を探したい、試したいというユーザーの多くがFirst person Baccaratに熱中しています。

また、First person Baccaratが気になっていても「ルールによっては手が出せない」と考えているユーザーも多いのではないでしょうか?

First person Baccaratでは、バカラ初心者の人でもしっかりと楽しめるようにローカルルールのない一般的なルールが採用されているので安心してください。

オーソドックスなバカラのルールさえ知っていればすぐに楽しむことができるようになっています。

 

 

参加するテーブルを自分で選択することが可能

異なるルールのバカラの中から自分がプレイしたいバカラを選択するといった流れが従来のオンラインカジノのビデオバカラでした。

日本のパチンコ・パチスロのように、同じルールのビデオバカラが複数並んでいて、その中から自分で選ぶといったことはできませんでした。

「この台は調子が悪いから違う台にしよう」といったことができず、あまり勝てない・調子が悪いバカラをプレイし続けるしかないといった点を不満に感じているユーザーも実は多くいたようです。

しかし、First person Baccaratでは「複数のテーブル」が用意されています。

もちろん、ルールは同一なので自分が「コレだ!」と思ったテーブルでバカラをプレイすることが可能になっています。

今回プレイしたFirst person Baccaratでは「6個のテーブル」から選べるようになっていました。

さらに、ゲーム起動時には他ユーザーのプレイ履歴を見る事も出来るといった便利なシステムが採用されています。

ゲームを始める前のテーブル選びから、自分なりの攻略法やオカルトを試せるのもFirst person Baccaratの特徴の一つと言えるでしょう。

また、テーブル選択時に「手数料ありの通常バカラ」と「手数料なしのノーコミッションバカラ」の選択も可能となっています。

 

 

シンプルで分かりやすい画面レイアウト

First person Baccaratでは「シンプルで分かりやすい画面レイアウト」となっていました。

ファーストパーソンバカラ_画面説明

ゲーム起動直後の画面には「6個のテーブル」と一緒に「過去のプレイ履歴」が表示されます。

落ち着きのあるオシャレなデザインに目を奪われがちになりますが、画面右側に注目しましょう。

 

①が「選択できるテーブル」となります。

プレイ履歴が表示されているテーブルは、既に他のプレーヤーが遊んだ後となります。

一方、プレイ履歴が表示されていないテーブルは、まだ誰も遊んでいないテーブルです。

マックスである416枚の状態からバカラをスタートすることができます。

時には選びたいテーブルが既に他のプレーヤーに遊ばれた後だったというケースもあると思います。

そんな場合でも、右上にある③「ホウキアイコン」を選択する事で416枚全てのカードをシャッフルして最初の状態からバカラを始められます。

 

テーブルを選択する際には画面下部にある②「手数料なし/ありの切り替え」に注意しましょう。

手数料なし/ありを選択してからテーブルを選ぶようにすると手数料の有無を間違える心配がなくなるのでおすすめです。

「手数料の有無による違い」に不安を感じているというオンラインカジノ初心者やバカラをプレイしたことがないユーザーも多いですよね。

手数料の有無によって勝利時の配当が変わってくるので、難しく見えてしまいます。

しかし、

  • 手数料あり(通常バカラ)→バンカー勝利時は「1:1の配当」で「手数料5%が引かれる」
  • 手数料なし(ノーコミッションバカラ)→バンカー勝利時は「1:1の配当」で「6点勝利時は0.5:1の配当に変わる」

といった違いがあるだけです。

毎回5%の手数料が引かれるのか、6点で勝った時の配当が半分になってしまうのかといった違いしかありません。

どちらも優劣はないので、自分の好みのルールを選ぶと良いでしょう。

 

プレイするテーブルを選択すると、ゲーム画面に切り替わります。

実際のカジノをイメージしたリアルなテーブルなので臨場感を楽しむことができます。

ファーストパーソンバカラ_ゲーム画面解説

画面左上にある④が「使用済みカード」となります。

全てのカードを使い終わる、またはカードをシャッフルしてリスタートするまで再び使用されることはありません。

画面右上にある⑤が「未使用のカード山札」となります。ここから排出されるカードを使用してバカラを行います。

そして、画面中央の⑥が「プレイヤーエリア」です。賭けたい金額のチップを選択してベットしていきます。

チップのベット・配置が終われば「ディール」を押せばゲーム開始となります。

 

 

First person Baccaratはカードの残り枚数によってベット上限が下がる

全部で416枚のカードを使用するFirst person Baccaratですが、ゲームを続けているとカードの残り枚数が少なくなってきますよね?

カード枚数が少なくなるという事はペアが成立しやすくなる等、プレイヤーに有利な状況が生まれます。

しっかりとカウンティングを行っていればカードの残り枚数が減れば減る程、ゲームを有利に進められるとも言われています。

First person Baccaratがプレイ出来るオンラインカジノの多くは「使用枚数が多くなる(残り枚数が少なくなる)」とベット上限額が下げられます。

これに関しては、プレイヤーが有利になり過ぎるので「ハイエナ行為(期待値の高い所だけを狙う立ち回り)」が横行する可能性もあるので仕方がないのかもしれません。

全てのユーザーがカードをシャッフルして席を離れるわけではありませんからね。

残り枚数が少なくなった時のベット上限額は予め確認しておくようにしましょう。

 

 

First person Baccaratを実際にプレイしてみた感想​

以上でFirst person Baccaratの特徴の解説は終了となります。

ここからは、実際にFirst person Baccaratをプレイしてみた感想・レビューについて記載していきます。

 

まずは何も考えずにプレイしてみる

First person Baccaratのレビューをまとめるにあたり、まずは「何も考えずにプレイ」してみることにしました。

オンラインカジノ歴はそこそこになる筆者ですが、正直バカラはあまりプレイした経験がありませんでした。

一番シンプルなルールしか分からない、まさに初心者といったレベルです。

そんな初心者でも楽しめるのか、確かめてみました。

First person Baccaratを起動すると、いくつか過去のプレイ履歴がありましたが、せっかくなので誰も手を付けていない綺麗な状態のテーブルを選択してみることに。

テーブルを選択すると、いきなりカードのシャッフルをするように指示がありました。

ファーストパーソンバカラ_感想

少し操作にコツがいる感じではありましたが、自分の好きな所でデッキのカット・シャッフルができるというのは面白いなと感じました。

シャッフルが終わるとカードが配られてゲーム開始となります。

雰囲気を確かめたかったので、最小ベットを選択しましたが、チップを配置するという操作で本物のカジノの雰囲気を感じられたのは好印象でした。

そのまま10ゲーム程プレイしてみましたが、勝ったり負けたりを繰り返す感じでした。

画面レイアウトがシンプルなので、操作に迷うこともなくストレスなく快適にプレイができています。

勝ち負けがどちらかに偏る事もなかったので、しっかりとバカラの知識や経験を積めば意外と勝ちやすいのかな?という考えが頭をチラつきました。

 

カウンティングは可能

First person Baccaratに興味を持っているユーザーの多くが「カードカウンティングができるかどうか」といった点が気になりますよね?

実際にプレイしてみて感じたのは「カウンティングは可能」だということです。

ゲーム画面上に排出されたカード履歴が表示されますが、決められたゲーム数をプレイすると、カード履歴が隠されてしまいます。

排出されたカードを完全に把握するには、自分でメモを取る必要がありそうです。

しかし、毎ゲームカードが配られる度にメモを取るのはかなり時間や手間がかかります。せっかくのバカラのシンプルさ・スピーディーさが失われてしまうように感じました。

カウンティングを行うのであれば、メモやテキスト等に排出されたカードをササッとチェックできるような工夫が必要だと思います。

筆者はカウンティングの存在は知っていましたが、活用方法は知らなかったのでカウンティングをすることなくプレイを続行しました。

それでもしっかりとバカラの良さを体感することはできました。

 

 

First person Baccaratはバカラ初心者と上級者の両方におすすめ

ほぼバカラ初心者の筆者でもしっかりバカラのゲーム性・ギャンブル性を楽しむことができました。

よくあるライブカジノのディーラーとの勝負よりも「ゆっくりと自分のペースで遊べる」というのが最終的な結論となります。

First person Baccaratは難しい・細かなルールがない一般的なルールとなっていることから、これからバカラを覚えたいというユーザーにもおすすめです。

また、416枚のカードを使う、カウンティングが活用できるといった玄人向けの要素があったりと、プレイするユーザーが限られていないゲームでもありました。

「バカラは好きだけど飽きてきた」「ライブカジノのバカラは相性が悪い」というユーザーには一度プレイしてみてほしいなと思えるクオリティーの高い面白いゲームでした。

この記事を読んでFirst person Baccaratが気になったという人は、ぜひプレイしてみてください。