日本人ユーザーも多く利用している人気オンラインカジノ「ライブカジノハウス」には、「イカサマをしている」といった良くない噂があります。

ゲーム結果を不正操作して、ユーザーが勝てないようになっているのであれば大問題ですよね。

そこで、今回はライブカジノハウスのイカサマについて調査してみました。

 

 

イカサマの噂の内容とは?

ネットで見かけたライブカジノハウスのイカサマに関する情報ですが、口コミ全体の1%未満と数自体は多くありません。

その多くは、
・回収モードがある
・週末や月末だけ勝率がガクッと下がる

といった感じの内容でした。

もっと詳しい内容や証拠があるのかな?と思ってさらに調べてみましたが、見つける事は出来ませんでした。

イカサマだという口コミは、負けた腹いせに書き込まれた可能性が高いのではないかという結論に至りました。

 

 

ライブカジノハウスは安全・安心に遊べるオンラインカジノ

ライブカジノハウスに対して不安を感じている人も多いと思うので、先に結論から述べておきます。

ライブカジノハウスは「安全・安心に遊べるオンラインカジノ」です。

その理由は以下となります。

 

 

キュラソー島政府発行の運営ライセンスを取得

オンラインカジノを運営するためには、必ず「ライセンス」を取得しなければいけません。

逆に言えば、ライセンスを取得していないオンカジはイカサマをしている可能性が高いという事になります。

ライブカジノハウスは「キュラソー島政府」が発行するオンラインカジノ運営のライセンスを取得しています。

ライセンスを取得するには、公正なゲームが行われている事や安定した運営等の厳しい条件をクリアする必要があります。

しっかりとライセンスを取得している事からライブカジノハウスがイカサマを行っているという噂がウソだという事がわかります。

 

 

常に第三者機関からの監視を受けている

ライセンスの取得に加えて「第三者機関の監視」を常に受けている事もライブカジノハウスがイカサマを行っていない証拠の1つとなります。

カジノやキュラソー島政府とは関係のない機関が常に不正がないかチェックをしています。

少しでも不審な点があれば、調査が行われ、不正が発覚した場合は、ライセンスの失効となりオンカジ運営が出来なくなります。

現在もライブカジノハウスで遊べる事がイカサマがない事の証拠と言えるでしょう。

 

 

オンカジ運営とゲーム開発は別

「ゲームの大当たり確率を下げるイカサマをしている!」という口コミもあります。

しかし、オンカジ運営とゲーム開発は全くの別物です。

ライブカジノハウスは、ゲームプロバイダーがリリースしているゲームを遊ぶ場所を提供しているだけに過ぎません。

ゲーム内の大当たり確率等の仕様をイジるには、ゲームプロバイダー側になる必要があります。

なので、ライブカジノハウスがゲーム結果を任意に操作する事は出来ません。

また、ゲームプロバイダーと結託してイカサマを行うというのもあり得ません。

ゲームプロバイダーは、利益を得るためには出来るだけ多くのオンカジにゲームを提供する必要があります。

特定のオンカジと結託してイカサマを行った事がバレてしまえば、今までリリースしてきた全てのゲームの提供が中止となり収入を失う事になります。

さらに、全世界のオンカジユーザーとオンカジ運営から損害賠償請求をされる可能性があったり、プロバイダーのライセンスを剥奪されてしまいます。

ゲームプロバイダー側がイカサマを行うメリットが1つもない事から、オンカジ運営と結託するという可能性もゼロだと言えるでしょう。

 

 

ライブカジノハウスはイカサマの心配がない安心して遊べるオンカジ

運営ライセンスの取得や第三者機関からの監視に加えて、ライブカジノハウスにはイカサマをするメリットが全くありませんでした。

調査の結果、ライブカジノハウスはイカサマの心配がない安心して遊べるオンカジだという事がわかりました。

イカサマのない公正なゲームで遊べるオンカジを探している人は、ぜひライブカジノハウスで遊んでみてください。