オンラインカジノガイド

オンラインカジノにおけるダランベール法

カジノの数ある攻略法の中でも、堅実な方法として知られている「ダランベール法」。フランスの数学者ジャン・ル・ロン・ダランベールが生み出した有名なカジノ必勝法として有名です。

今回は、そんなダランベール法の使い方やオンラインカジノでの効果などをまとめていきます。

 

↓↓今人気のオンラインカジノ↓↓

総合評価無料ボーナス入金ボーナス賭け条件ハイライト
1
カジノエックス
100%
$30

入金額2000円以上で200%、最高で20万円
+20回のフリースピン

20倍~30倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
2
ライブカジノハウス
100%
$30

最大$500までの150%初回入金ボーナス

40倍
  • 最大$500の入金ボーナス
  • その他ボーナスも豊富
  • 日本語サポート有
3
カスモ
100%
なし

初回から3回目の入金まで合計最大$888

30倍
  • 最大$888の入金ボーナス
  • 自己制限システムあり
  • 日本語サポート有
4
レオベガス
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で8万円

30倍
  • 合計最大17万円の入金ボーナス
  • 手厚いVIPプログラム
  • 日本語サポート有
5
ボンズカジノ
100%
$30

初回から5回目の入金まで最大で$2000

25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
6
スピンカジノ
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で$1000

50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
7
ジャックポットシティ
100%
なし

初回から4回目まで入金ごとに最大$400

50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
8
カジノシークレット
100%
なし

初回入金で勝利できなければキャッシュバック

出金条件なし
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
9
カジ旅
100%
なし

入金額の100%-25%、合計で$500

19倍
  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
  • ロトあり
10
ベラジョンカジノ
100%
$30

入金額の100%、最高で$500

20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有

ダランベール法とは

ダランベール法

ダランベールとは、負けたときに賭け金を1増やして、勝ったときに賭け金を1減らす・・・という、とても単純で簡単な攻略法です。

勝っているときでも負けているときでも、賭け金の増減が緩やかになるので、大きな痛手を負うことがないというのがメリットで、別名「ピラミッド法」とも呼ばれています。

負けが続いてしまった場合などで一度の勝利ですべての賭け金を取り戻せるような攻略法ではありませんが、ある程度は取り戻すことができます。

ただ、短期勝負ではなく、長期的に勝負することに向いている必勝法です。

オンラインカジノだけではなく、最近ではFXなどの為替取引でも使用されることがあるほど、バランスがよく信頼性のある攻略法として知られています。

 

 

 

ダランベール法の使い方・手順

ダランベール法は、ブラックジャック、ルーレット、バカラなど、50%の勝率で配当が2倍以上のゲームで有効的です。

上記でも少し紹介しましたが、ダランベール法の使い方やルールはいたってシンプルで簡単です。

負けた次は1単位を上げて、勝った次は1単位を下げます。

例えば、$10ベットで負けた場合の次の賭け金は$11、$10ベットで勝った場合の次の賭け金は$9。これだけです。

賭け額の単位は$1でも$5でも$10でも構いません。

マーチンゲール法やパーレー法など、賭け金を2倍にしていく攻略法もありますが、ダランベールの場合は1単位で増減していきます。

ゲームを開始する前に、増減していく1単位当たりの金額を設定しておきましょう。

 

 

ダランベール法の使い方・手順

ダランベール法のシミュレーション

ここでは、ヨーロピアンルーレットかフレンチルーレットでの手順をまとめていきます。※筆記用具を用意しましょう。

実際にダランベール法を使ってルーレットを20ゲーム行った場合のシミュレーションを表にまとめました。

ベット額の単位$1です。

回数 勝敗 ベット額 収益
1回目 $1 -$1
2回目 $2 -$3
3回目 $3 $0
4回目 $2 -$2
5回目 $3 -$5
6回目 $4 -$9
7回目 $5 -$4
8回目 $4 $0
9回目 $3 -$3
10回目 $4 $1
11回目 $3 -$2
12回目 $4 $2
13回目 $3 -$1
14回目 $4 -$5
15回目 $5 $0
16回目 $4 $4
17回目 $3 $7
18回目 $2 $5
19回目 $3 $8
20回目 $2 $10

 

ダランベール法を用いてルーレットを20ゲーム行った結果、勝ち数負け数それぞれ10、最大連敗数3回、最大連勝数3回で、最終的な利益は$10になりました。

勝ち負けの差はいろいろなパターンがあるとは思いますが、ダランベール法は高い確率でプラスの収支に持っていくことができます。

10ゲームではなく、さらに何回もベットする場合は、大型連敗にならない限りはさほど資金が減る心配もなく、オンラインカジノ勝ち方としては有効的な方法です。

 

 

ダランベール法のメリット・デメリット

ダランベール法のメリット・デメリットは次の通りです。

 メリット

  • 勝ち負けが五分五分になった場合でも利益が出る
  • 賭け金の増減が緩やかで精神的な負担も感じない
  • 長期的な勝負を行い方向け

通常、オンラインカジノをプレイする場合は、“勝ち越さなければいけない”というイメージがあるかもしれませんが、ダランベール法を用いれば勝ち負けが五分五分になっても問題ありません。

実際に、30ゲームして負け越したときでも、損失が出ていたのは2回のみでした。

他の攻略法に比べて精神的に負担が少ないので、落ち着いてゲームに取り組むことができるというのは最大のメリットでしょう。

賭け金の増減が緩やかになるためプレイ時間は長くなりますが、勝率50%のゲームであれば、長くプレイすれば勝ち負けはほとんど五分五分になります。

増減が緩やかなためリスクが少ない部分も十分なメリットです。

 

 デメリット

  • 連勝や連敗に弱い
  • 一回のベットで大きな利益を出すことができない
  • 大連敗してしまうと賭け金を取り戻すことが難しくなる

オンラインカジノのゲームは基本的に勝率50%に設定されていますが、連勝や連敗が続くことがあります。

通常のプレイ方法であれば、連勝をして大きな波に乗りながら一気に利益を出したり、連敗をしてしまった場合はできるだけ小さい賭け金で乗り切ったり、バランスを取ることができますが、ダランベール法ではこういったバランスを取ることができません。

 

 

ダランベール法には強い展開と弱い展開がある

ダランベール法には強い展開と弱い展開がある

ダランベール法は、その時のゲームの展開によって、利益の差がかなり大きくなります。強い展開だといえるのが、やはり勝敗が五分五分になる展開です。勝率50%のカジノゲームであれば、大数の法則で確率が収束してきます。

五分五分の展開に持って行けさえすれば、ダランベール法は利益が出る必勝法と言えるでしょう。

反対に、弱い展開になってしまうのが、短期的な連勝や連敗の展開です。ダランベール法では、2連敗をしてしまった時点で、その後は2回以上勝たなければプラスの利益は出すことができません。

特に短期的に勝負を挑みたい方であれば、別の攻略法を実践した方がいいでしょう。

 

 

ダランベール法とマーチンゲール法を比較

ダランベール法と比較されやすい攻略法がマーチンゲール法です。

マーチンゲール法は、負けたら次はその倍の金額を賭けるという攻略法で、一度勝てさえすればそれまでの損失を一気に取り戻すことができます。

ダランベール法もマーチンゲール法も負け額回収を目的とした攻略法として知られていますが、どういった差があるのでしょうか?

実際に15ゲーム行った場合の投資額と利益額を比べてみた結果がこちらです。※10連敗後5連勝した場合のシミュレーション

ダランベール法
回数 勝敗 ベット額 収益
1回目 $1 -$1
2回目 $2 -$3
3回目 $3 -$6
4回目 $4 -$10
5回目 $5 -$15
6回目 $6 -$21
7回目 $7 -$14
8回目 $8 -$22
9回目 $9 -$31
10回目 $10 -$41
11回目 $11 -$30
12回目 $10 -$20
13回目 $9 -$11
14回目 $8 -$3
15回目 $7 $4
マーチンゲール法
回数 勝敗 ベット額 収益
1回目 $1 -$1
2回目 $2 -$3
3回目 $4 -$7
4回目 $8 -$15
5回目 $16 -$31
6回目 $32 -$63
7回目 $64 -$127
8回目 $128 -$255
9回目 $256 -$511
10回目 $512 -$1023
11回目 $1024 $1
12回目 $1 $2
13回目 $1 $3
14回目 $1 $4
15回目 $1 $5

ダランベール法は10連敗をした場合でも最大賭け金は$11となっておりリスクが少ないのが分かります。

一方でマーチンゲール法は、10連敗した後の賭け金が4行になっています。

ここにかなりの差が出るため、どちらが実践向けであるかは一目瞭然です。

マーチンゲール法で一気に損失額を回収するのもいいですが、現実的に負担の少ないマーチンゲール法を用いた方が心も賭け金も安定するでしょう。