楽しみ倍増!バカラの絞り(スクィーズ)について徹底解説!

みなさん「バカラの絞り(スクィーズ)」という言葉をご存知でしょうか。

絞りは「バカラの醍醐味」と言われており、バカラを楽しく進めていくうえでは欠かすことのできないものとなっています。

バカラを楽しむためには欠かすことのできない絞りですが、「バカラの絞りって何?」「絞りという言葉は聞いたことがあるけど、実践方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バカラの絞り(スクィーズ)の概要や絞り方、マナーなどについて解説していきます。

絞りをきちんと理解すると、バカラの魅力が何倍にも膨らみますよ!

バカラの絞り

↓↓バカラが楽しめるオンラインカジノ↓↓

総合評価 無料ボーナス入金ボーナス 賭け条件 ハイライト
1
カジノシークレット
100%
なし

初回入金で勝利できなければキャッシュバック

出金条件なし
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
2
カスモ
100%
なし

初回から3回目の入金まで合計最大$888

30倍
  • 最大$888の入金ボーナス
  • 自己制限システムあり
  • 日本語サポート有
3
ベラジョンカジノ
100%
$30

入金額の100%、最高で$500

20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
4
カジノデイズ
100%
$30

最高$1000
初回入金額100%

20倍
  • $30の無料ボーナス
  • ログイン時間制限可
  • 日本語サポート有
5
カジ旅
100%
なし

入金額の100%-25%、合計で$500

19倍
  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
  • ロトあり
6
ライブカジノハウス
100%
$30

最大$500までの150%初回入金ボーナス

40倍
  • 最大$500の入金ボーナス
  • その他ボーナスも豊富
  • 日本語サポート有
7
ボンズカジノ
100%
$30

初回から5回目の入金まで最大で$2000

25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
8
デュエルズ
95%
なし

初回最大$100の100%入金ボーナス

45倍
  • 入金ボーナス
  • ウィークリーキャッシュバック
  • 日本語サポート有
9
ジャックポットシティ
100%
なし

初回から4回目まで入金ごとに最大$400

50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
10
スピンカジノ
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で$1000

50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
11
ワイルドジャングルカジノ
15%
なし

初回入金額100%

0~20倍
  • ジャックポット有
  • 入金ボーナス有
  • 24h日本語サポート
12
ジパングカジノ
10%
なし

初回入金額100%

0~20倍
  • プロモが充実
  • 入金ボーナス有
  • 24h日本語サポート
13
ネットベット
20%
なし

初回入金額100%

30〜40倍
  • オンラインポーカー有
  • ログイン時間制限可
  • 日本語サポート有
14
カジノエックス
100%
$30

入金額2000円以上で200%、最高で20万円
+20回のフリースピン

20倍~30倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
15
ジョイカジノ
100%
$30

初回入金額の200%、最大 5000円

入金額+ボーナス額×20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有

バカラの絞り(スクィーズ)とは?

バカラの絞りとは、配布されたトランプカードをゆっくりとめくる行為のことを指し、カジノ業界では「スクィーズ」とも呼ばれています。

「配布されたカードをゆっくりとめくるだけで楽しいの?」「ゆっくりとめくるだけで醍醐味と言えるの?」などと疑問を抱いた方も多いかと思いますが、その行為こそがバカラを盛り上げる手段であり、欠かすことのできない醍醐味となっているのです。

バカラの基本ルールは、プレイヤーとバンカーのどちらが「9」に近い数値を出すかを予測するカジノであるため、配られた2枚のカードが勝敗を決める重要な役割を担っているのです。

いきなり2枚をひっくり返してもよいのですが、ゆっくりとめくることで「ハラハラ感」や「ドキドキ感」を味わうことができ、バカラをより楽しめるようになります。

バカラの絞りは、ただゆっくりめくるとよいわけではなく、めくり方や絞りを実践するうえでのマナーなどがあるため、事前にしっかりと理解しておくことが重要です。

バカラの絞り(スクィーズ)を理解し、より楽しいカジノの時間を送りましょう。

 

 

バカラの絞り方(めくり方)について

バカラの絞りを実践するうえで、まず最初に疑問となるのが「誰がめくるの?」という点です。バカラの絞りを行えるのは、基本的にプレイヤー及びバンカーに投じた賭け金が最も大きい人になります。

絞り方は主に、カードを縦方向にしてゆっくりとめくっていく「縦絞り」と、カードを横方向にしてゆっくりとめくっていく「横絞り」の2つの方法があります。

バカラ絞りのやり方

基本系は、まず「縦絞り」を行い、後にご紹介しますが「足がある状態(マークが2つ見えた状態)」にのみ、「横絞り」に移行するという流れです。

しかし、その場の雰囲気によっては最初から「横絞り」を行うこともできます。

どちらにも共通して言える重要なポイントが、必ずカードの両隅を持ち、数字の部分をしっかり隠すということです。

バカラの絞りでは、マークだけの状態を見て「何の数字かな?」「9かな?10かな?」などの緊張感を味わうことが役目となっているため、数字を見せてしまうとバカラの絞りが成り立ちません。

バカラの絞り方としては、上手く数字のみを隠し、見ている人に緊張感を味わわせることを大前提としてめくっていくことが大切です。

 

 

バカラの絞りで使用される用語について

バカラの絞りを初めて実践する方は、バカラの絞りで使用される専門用語を理解しておくことが大切です。では、バカラの絞りで使用される用語を見ていきましょう。

足がある

バカラ絞りの用語として「足がある」という言葉が存在しますが、意味は縦方向にめくっていく際にカードのマークが2つ見えた状態のことを言います。

バカラ絞り_足がある

上図のように、トランプの「4〜10」の場合にマークが2つ見える状態となり、このことを「足がある」と表現します。

足がない

「足がある」という用語があるのであれば、もちろん「足がない」という用語も存在しており、意味はカードを縦方向にめくっていく際に、マークが1つもない状態のことを言います。

バカラ絞り_足がない

上図のように、トランプの「A」がマークが1つもない状態となり、「足がない」と表現します。

 

 

バカラの絞り(縦絞り)の見方

カードを縦方向にめくっていく「縦絞り」には、4つのパターンがあります。

【パターン1】マークが1つ(タテ・モーピン)

バカラ絞り_タテモーピン

上図のように、マークが1つの場合を「タテ」や「モーピン」と呼び、数字の可能性は「2」または「3」のどちらかのみです。

【パターン2】マークが2つ(足がある)

バカラ絞り_タテ足がある

上図のように、マークが2つある状況を「足がある」と呼び、出現する可能性のある数字は「4」「5」「6」「7」「8」「9」「10」と最も多くなっています。そのため、足がある状態になった際には、より楽しめるように「横絞り」へ移行するのが基本となる流れです。

【パターン3】絵柄(ピクチャー・コン)

バカラ絞り_タテピクチャーコン

上図のように、絵柄が現れた際に「ピクチャー」や「コン」と呼び、出現するカードは「J」「Q」「K」のいずれかであり、全てバカラでは「0」としてカウントされます。

【パターン4】マークなし(足がない)

バカラ絞り_タテ足がない

上図のように、マークがない状況を「足がない」と言い、出現の可能性のあるカードは「A」のみとなります。

 

 

バカラの絞り(横絞り)の見方

カードを横方向にめくっていく「横絞り」には、5つのパターンがあります。【パターン1】から【パターン3】までは縦絞りを実践し、「足がある」状態になったときに活用できる方法です。

【パターン1】マークが2つ(ツーサイド・リャンピン)

バカラ絞り_ツーサイドリャンピン

上図のように、マークが2つある状況を「ツーサイド」や「リャンピン」と言い、出現する可能性のある数字は「4」か「5」のどちらかとなります。

【パターン2】マークが3つ(スリーサイド・サンピン)

バカラ絞り_スリーサイドサンピン

上図のように、マークが3つある状況を「スリーサイド」や「サンピン」と言い、出現する可能性のある数字は「6」「7」「8」のいずれかで、横絞りの中では最も豊富な種類となっています。

【パターン3】マークが4つ(フォーサイド・セイピン)

バカラ絞り_フォーサイドセイピン

上図のように、マークが4つある状況を「フォーサイド」や「セイピン」と言い、出現する可能性のある数字は「9」か「10」のどちらかとなります。

【パターン4】絵柄

バカラ絞り_ヨコ絵柄

上図のように、絵柄が出現した際は縦絞り同様に「J」「Q」「K」のいずれかであり、バカラでは全て「0」としてカウントされます。

【パターン5】マークなし(ノーサイド・モーピン)

バカラ絞り_ノーサイドモーピン

上図のように、マークなしの状況を「ノーサイド」や「モーピン」と言い、出現する可能性のある数字は「A」「2」「3」のいずれかで、【パターン2】と同様に横絞りの中では最も豊富な種類となっています。

 

 

バカラ絞りのマナーについて

バカラの絞りを実践する際には、守らなければならないマナーがあります。ここでは、バカラ絞りのマナーを3つご紹介します。

 

1. 基本は最高賭け金の人が絞る

バカラ絞りを行う権利がある人は、基本的に最高賭け金を投じている人になります。自分が絞りたいからといって権利のある人にねだったり、権利を横取りするような行為は絶対にしてはなりません。

 

2. 絞りが好調な人に権利を譲る

絞りの権利は「基本的に」最高賭け金を投じた人となりますが、その場の雰囲気によっては絞りが好調な人に権利を譲るという「暗黙の了解」も存在しています。もし、同じテーブルにツイている人や、絞りが好調な人がいれば空気を読んで譲るようにしましょう。

 

3. 掛け声に注意する

バカラは「バンカー」または「プレイヤー」のいずれかに賭けるゲームであり、ベットしている方に有利な状況になるような掛け声をかけてしまいがちです。掛け声を出してはいけないとまでは言いませんが、絞っている人を煽るような掛け声や周りの人に不快感を与えるような掛け声は絶対にしないようにしましょう。