これを読めば一発で理解出来る!
テキサスホールデムポーカーのルールと勝つためのポイント

テキサスホールデム

「ポーカー」は、世界中で長年愛されているテーブルゲーム・カードゲームの1つです。

長い歴史がある事から、数多くのローカルルールも存在しているのもポーカーの特徴の1つと言えるでしょう。

もちろん、各国でポピュラーになっているルールも存在します。

その1つが「テキサスホールデム」です。

テキサスホールデムは、本場カジノだけではなく、オンラインカジノオンラインポーカーにも採用されているほどメジャーなルールのポーカーです。

そこで今回は、テキサスホールデムのルールや勝つための戦略・セオリーをガッツリと解説していきます。

これから、数分で読めるオンラインカジノ・オンラインポーカーを今から始めるという人におすすめの記事となっています。

 

 

テキサスホールデムのルール

まずは、テキサスホールデムのルール・ゲームの流れを解説していきます。

日本人プレイヤーの多くは「ポーカー」というワードを聞くと、某有名RPGのカジノやゲームセンターのメダルゲームを想像するのではないでしょうか?

しかし、テキサスホールデムは同じポーカーという括りではありますが、ルールやゲームの流れが全く異なります。

なんの予備知識もない状態の人がポーカーだからといって、テキサスホールデムをプレイして内容の違いに驚くというケースも珍しくありません。

テキサスホールデムが一般的なポーカーと異なる点として、

  • 7枚のカードを使用する
  • カードのチェンジが出来ない
  • ディーラーではなくプレイヤーと勝負する

といった2点が挙げられます。

これだけでも、頭の上に「?マーク」が浮かんでしまったという人も多いのではないでしょうか?

実際にプレイする前にしっかりとテキサスホールデム独自のルールや特徴を把握しておきましょう。

 

合計7枚のカードで役を作る

多くの人が思い浮かべているのは、5枚のカードを使用して役を作るポーカーだと思います。

ディーラーから配られた5枚のカードを確認して任意のカードをチェンジするといった流れですよね?しかし、テキサスホールデムは「7枚のカード」を使用して役を作ります。

役に関しては後述しますが、役は一般的なポーカーと同じとなっています。

7枚の中から5枚を使って役を作るといったイメージで問題ないと思います。

7枚のカードを使える代償として「手札をチェンジ(交換)出来ない」といった特徴があるのもテキサスホールデムの特徴の1つです。

また、7枚のカードのうち5枚は「コミュニティカード」と呼ばれる、場のプレイヤー全員で共有するカードとなります。

7枚のうち5枚は全プレイヤーが知っているので、自分しか知らない手札の2枚が鍵を握るという事です。

強い役を作る事が出来る2枚を引き当てる事も大切ですが、最終的なアクションを終えるまでに他のプレイヤーを勝負から脱落させる駆け引きも重要となります。

 

最後に最も強い役を作ったプレイヤーが勝利する

カジノ・ポーカーと言えば、「ディーラー対プレイヤー」といったイメージを持っている人がほとんどです。

しかし、テキサスホールデムは「プレイヤー同士」で勝負をするポーカーとなっています。同じテーブルに着席した全てのプレイヤーがライバルという事です

誰よりも強い役を作る、または強い役を持っていると思わせて勝負を諦めさせるというのが目標となります。

運に加えて戦略も重要となる「頭脳戦」が楽しめるのもテキサスホールデムの魅力です。

運がなくてもブラフ(嘘)を駆使して勝った時の爽快感が忘れられないという声も多くあります。

 

テキサスホールデムの基本的なゲームの流れ

テキサスホールデムの大まかな特徴・魅力の解説の次は、いよいよゲームの流れを解説していきます。

本番でパニックにならないように、予めゲームの流れを把握しておきましょう。

 

□ 手札2枚(プリフロップ)が配られる □
ゲームに参加するプレイヤーには、最初に「2枚の手札(プリフロップ)」が配られます。
各プレイヤーが、どの絵柄・数字を持っているのかは最後まで分かりません。
自分に配られた手札2枚を確認して、勝てると思ったプレイヤーはチップをベットします。
最初の手札2枚の時点で勝つ事は厳しいと感じた場合は、この時点で勝負から降りる事も可能です。

□ コミュニティカード3枚(フロップ)がオープン □
手札2枚を配り終わった後のゲームへの参加不参加を全員のプレイヤーが判断し終わると、次に「コミュニティカード3枚(フロップ)」がオープンになります。
最初に配られた自分の2枚のカードとオープンになった3枚のカードを合わせて、再び勝負をするのか、降りるのかを判断します。

□ コミュニティカード1枚(ターン)がオープン □
勝負を続行する場合は、さらに「コミュニティカード1枚1(ターン)」がオープンになります。
コミュニティカード4枚と手札2枚の合計6枚のカードで、勝負の続行を判断します。

□ 最後のコミュニティカード1枚(リバー)がオープン □
さらに勝負を続行する場合は、「最後のコミュニティカード1枚(リバー)」がオープンとなります。
コミュニティカード5枚と手札2枚の合計7枚で、最終的な判断を行います。

□ 最も強い役を作ったプレイヤーが勝利 □
最後まで残っていた、勝負を降りなかったプレイヤーは、自分の手札とコミュニティカードで役を作ります。
最終的に最も強い役を作ったプレイヤーが勝利となります。
当該ゲームで全プレイヤーが賭けていたチップを獲得します。

 

 

ゲーム中のアクション

テキサスホールデムの大まかなゲームの流れが把握出来ても、「ゲーム中のアクション用語」が分からないという人も多いと思います。

そこでここでは、ゲーム中に行う事が出来るアクション・用語の名称と内容を紹介しておきます。

  • コール・・・前の人と同じ額をベットする
  • レイズ・・・前の人のベット額に上乗せしてベットする
  • フォールド・・・勝負せずに、ゲームから降りる。当該ゲームが終わるまで待機となります。
  • チェック・・・ベットする事なく自分のアクションを1回パスする。チェックは、そのラウンドで誰もベットをしていない時しか使用する事は出来ません。

以上が、テキサスホールデムで使用される用語となります。

上記4つの用語さえ覚えていれば、ストレスなくテキサスホールデムをプレイする事が出来ると思います。

 

 

ゲーム中のタイミングによるカードの名称

ゲーム中に度々訪れるプレイヤーの意思決定タイミング(ベッティングラウンド)後にオープンされるコミュニティカードは、段階によって名称が変わります。

  • 手札2枚 → プリフロップ
  • コミュニティカード3枚オープン → フロップ
  • コミュニティカード4枚目オープン → ターン
  • コミュニティカード5枚目オープン → リバー

テキサスホールデムに共通する用語でもあるので覚えておいて損はないでしょう。

 

 

ポーカーの役一覧

テキサスホールデムでも他のポーカーと同じく、他のプレイヤーに勝つためには「役」を覚えておく事が必要となります。

役自体は他のポーカーと同じなので、既に覚えているという人も多いと思います。

また、完成した役が同じ場合は「数字の強さ」によって勝敗が決まるといった点にも注意しましょう。

 

ストレートフラッシュ
同じ字柄で連続する数字を5枚揃えるのが「ストレートフラッシュ」です。
ポーカーの中で最も強い役であり、「10・J・Q・K・A」のストレートフラッシュの事を「ロイヤルストレートフラッシュ」と呼びます。

フォーカード
同じ数字4枚が揃うと「フォーカード」となります。
フォーカードも揃えた数字の強さで勝敗が決まります。

フルハウス
ワンペア(同じ数字2枚)+スリーカード(同じ数字3枚)が揃うと「フルハウス」の完成です。
フルハウスは、スリーカードの数字の強さを比べて勝敗を決めます。

フラッシュ
カードの数字に関係なく、5枚の図柄が全て同じであれば「フラッシュ」となります。
フラッシュの勝敗も数字の強さで決められています。

ストレート
図柄(ストー)に関係なく、連続する数字を5枚揃えると「ストレート」となります。
ストレート同士の勝敗も揃えた数字の強さで決められます。
「10・J・Q・K・A」が最も強く、「A・2・3・4・5」が最も弱いと覚えておきましょう。

スリーカード
同じ数字のカードが3枚揃うと「スリーカード」の完成です。
スリーカード同士では、より強い数字のスリーカードを作ったプレイヤーが勝ちとなります。

ツーペア
同じ数字2枚の組み合わせが2つあると「ツーペア」となります。
ツーペア同士では「より強い数字のペア」を持っているプレイヤーが勝利となります。
ツーペアの数字が同じ場合は、ワンペアと同じく残ったカードの数字の強さで勝敗を決めます。

ワンペア
同じ数字のカードが2枚あると出来る役が「ワンペア」です。
最も完成する確率が高い役なので、他のプレイヤーが同じ数字のワンペアを出してくる事も珍しくありません。
その際は、残ったカードの数字で勝敗を決める事になります。

ハイカード(ノーペア)
コミュニティカード5枚+手札2枚で役を作れなかった時は「ノーペア」となります。
全ての役の中「最弱」となり、「A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2」といった順番でカードの強さが決められています。
テーブルに着席した全員がノーペアの場合は、Aに近いカードを持っていたプレイヤーが勝利します。

ベーシックストラテジー_使える条件

同じ役は「数字の強さ」で勝敗が決まる

全ての役の説明に一通り確認すると気付く点があったと思います。

他のプレイヤーが自分と同じ役を作っていた時は「数字の強さが勝敗の鍵を握る」といった点です。

テキサスホールデムで勝つためには、ただ単純に役を作るだけではなく「数字」にも注意を払う必要があります。

 

 

テキサスホールデムのセオリー

テキサスホールデムでは「どれだけ効率的に勝つか」といった点を追求する事になります。

もちろん、その時の閃きで勝つといったケースも多々あります。

しかし、その勝利は全て「セオリー」や「コツ」といった基本を熟知しておかなければ不可能です。

実際にセオリーを無視して感覚や閃きだけでプレイしているプレイヤーのほとんどがマイナス収支となっています。

自分なりの攻略法を見つける前にまずは、セオリーから覚えていく事をおすすめします。

 

ポジションに合わせた賭け方を覚える

テキサスホールデムで勝率を上げる、収支を安定させるには「ポジションに合わせた賭け方を覚える」のが最も効果的です。

テキサスホールデムでは、ゲームに公平性をもたせるために「試合開始前にディーラーボタンの位置」を決めます。

難しく考える事なく「ディーラーの位置・場所」と考えてもらって問題ありません。

ディーラーの位置から「時計回り」にカードが配られたり、ベット等のアクションを行う事になります。

この時に自分が「どのポジションにいるのか」といった点がかなり重要となります。

各ポジションの位置と名称は以下のとおりとなります。

テキサスホールデム_ポジション

SB(スモールブラインド)
BB(ビッグブラインド)
UTG(アンダーザガン)
BTN(ボタン)

他のプレイヤーの動向を確認する事なく、アクションを決定しなければいけない「SB・BB・UTG」の3つのポジションは不利だと言われています。

一方、全てのプレイヤーのアクションを確認してから自分のアクションを決められる「BTN」は有利なポジションとなります。

「UTG」から「BTN」までの間のポジションは「ミドルポジション」と呼ばれていて、戦況によって有利不利が大きく異なります。

不利だと言われているSB・BB・UTGと比べると戦略の選択肢は多くなっています。

 

不利なブラインドポジションは強い手札が必要

SB・BB・UTGといった「ブラインドポジション」と呼ばれる不利なポジションになった時は「強い手札が必要」となります。

ブラインドポジションは、他のプレイヤーの動向を確認する前に自分のアクションを決定しなければいけません。

強い役を作れないと判断した場合はすぐにフォールするのも1つの手段です。

長考してしまうと他のプレイヤーにより多くの考える時間を与えることになってしまいます。

また、長考によって自分の手札が弱いのか強いのかを悟られてしまうケースも珍しくありません。

手札2枚(プリフロップ)とコミュニティカード3枚(フロップ)の最初の5枚が出揃った時にノーペアやワンペアだとかなりキツい展開と言えるでしょう。

勝てる確率が低い状態で無理に勝負をするよりも、素直にフォールをして資金(チップ)を減らさないことを意識するのがブラインドポジションのセオリーです。

 

ミドルポジションは臨機応変さが必要

不利なポジションと有利なポジションの「中間」に位置するのが「ミドルポジション」です。

ブラインドポジションのアクションは確認出来ますが、BTNのアクションは確認することが出来ません。

ある意味最も難しいポジションかもしれないミドルポジションは「臨機応変さ」が求められます。

攻める・守るというよりも、無難な判断をすることが大切だとも言われています。

ブラインドポジションのプレイヤーの動向で自分のアクションを決めるのも良いでしょう。

 

レイトポジションは強気で攻められる

ラウンドの終盤にアクションの決定を行える、他のポジションのプレイヤーのアクションを確認することが出来る最も有利な「レイトポジション」は強気で攻めるのがセオリーです。

BTNやその手前のポジションのプレイヤーは、手札が多少弱くてもブラフによって他のプレイヤーをフォールさせることも可能となっています。

テキサスホールデムで勝率を上げる、安定させるためにはレイトポジションでどれだけ勝つかが鍵を握っていると言われています。

 

 

テキサスホールデムで勝つためのちょっとしたコツ

テキサスホールデムは、自分のポジションに合わせた戦略を取る事が重要となります。

ポジションによって、参加出来るゲームが多少異なります。ここではポジション別のちょっとしたコツを紹介しておきます。

自分なりの戦い方が見つかるまでは、こちらの戦略をベースにする事で大負けをするリスクを軽減出来るようになります。

 

ブラインドポジション

最も不利なブラインドポジションは、最初のプリフロップが全ての鍵を握ります。

  • 同じ図柄の7のワンペア以上
  • 同じ図柄でノーペアならA+10以上・K+Q以上
  • 図柄がバラバラでノーペアならA+J以上

ゲームに参加するための手札条件はかなり厳しくなっています。

それだけブラインドポジションは、テキサスホールデムの中で不利なポジションだということです。

もちろん、上記よりも弱い手札でも、コミュニティカードによって強い役が完成することもあります。

しかし、長期的に考えるとリスクの方が大きくなるので全くおすすめすることは出来ません。

 

ミドルポジション

先程述べた通り、ある意味最も難しいポジションとなるのがミドルポジションです。

フォールの判断がかなり難しく、大胆になり過ぎても慎重になり過ぎてもいけないと言われています。

そんなミドルポジションでゲームに参加した方が良い手札の条件は以下となります。

  • 図柄がバラバラでもワンペアなら5以上
  • 同じ図柄ならA+7以上・K+Q以上・K+10以上・Q+J以上
  • 図柄がバラバラでノーペアならA+10以上・K+J以上

ブラインドポジションと比較するとゲーム参加条件が少し緩くなっています。しかし、上記の条件を満たしていたからといって必ずゲームに参加した方が良いというわけではありません。

各ラウンドでの他のプレイヤーのアクションを注視しましょう。

レイズを多用するプレイヤーがいれば、素直にフォールした方が無難です。

自分の手札がかなり強い、または他のプレイヤーの手札が強くないと判断した時のみ強気で勝負しましょう。

 

レイトポジション

ゲームの中で最も有利となるレイトポジションは、ゲームに参加出来る手札の条件がかなり緩くなります。

ポジションの優位性を活かしてドンドンゲームに参加していきましょう。

  • ワンペアなら数字の強弱は関係なし
  • 同じ図柄ならA+2以上・K+9以上・Q+10以上・J+10以上
  • 図柄がバラバラでノーペアならA+9以上・K+10以上・Q+J以上
  • 連続した数字
  • 同じ図柄

レイトポジションにさえいれば、8割程度でゲームに参加出来る手札(カード)が手元に来るはずです。

もちろん、プリフロップのカードは強ければ強いほど良いですが、弱い手札でも勝負出来るのがレイトポジションです。

他のプレイヤーのアクションを確認しつつ、レイズを駆使しながらブラフで勝負していきましょう。

 

フォールを上手く使えるプレイヤーが勝つ

どれだけテキサスホールデムを得意としているプレイヤーでも全てのゲームで勝つことは不可能です。

テキサスホールデムで高い勝率を誇る、安定した成績を残しているプレイヤーは「フォールの使い方が上手い」といった共通点があります。

全てのゲームで勝負をするのではなく、勝つ可能性が低いと感じた場合はすぐにフォールで試合を降ります。

フォールの活用は、最終的な損失の大幅カットに繋がるからです。

<勝てる時にしっかりと勝つ、勝てない時はすぐにフォールする>

勝負にアツくなってもこれだけは忘れないようにしてください。

 

 

オンラインポーカーでテキサスホールデムをプレイする時のポイント

オンラインポーカ_テキサスホールデム

対面してテキサスホールデムポーカーをプレイするのであれば、相手の表情から手札の情報を得る事が出来ます。

しかし、オンラインポーカーになると、相手の表情は全く分からなくなります。

オンラインポーカーをプレイする時は「無料プレイで慣れる」「注意を怠らない」「忍耐強くプレイする」といった点を意識しましょう。

 

無料プレイで慣れるまでお金を賭けない

オンラインポーカーサイトの中には「無料でプレイ出来るテーブル」や「無料ポイント」を用意しているサイトも多くあります。

テキサスホールデムを含むポーカーでは「経験」を積む事が勝つためには欠かせないと言われています。

せっかく無料でプレイ出来る環境があるのであれば、利用した方が良いでしょう。

オンラインポーカーは、当該サイトの雰囲気やゲームのスピード感、さらに操作方法等、慣れられなければいけないポイントが意外と多くあります。

まずは、ポーカーをプレイする事に慣れる事から始めましょう。

実際に「ポーカーは習う・学ぶより慣れろ」というプレイヤーも多くいます。

いきなりお金を賭けた真剣勝負をするのは避けた方が無難だと言えるでしょう。

 

注意を怠らない

オンラインポーカーの最大の特徴は、やはり「他のプレイヤーの表情が分からない」といった点になります。

アクションまでにかかる時間が同じでも、オンラインとオフラインでは得られる情報が全く異なります。

相手の顔が見えないオンラインポーカーでも、ちょっとした間の取り方で何かに気付けることも珍しくありません。

また、本当にいいカードを持つ強いプレーヤーは平然を装ってたりします。

自分の順番ではないからといって、テーブルから目を離したり、ながら作業をしないようにしましょう。

オンラインポーカーは、どれだけ少ない情報で相手の手札を予測出来るかが勝利の鍵を握ります。

 

忍耐強くプレイする

オンラインポーカーでも忍耐力は必要です。

パソコン・スマートフォン・タブレットの画面を通してポーカーをプレイする事で「ゲーム感覚」に陥るプレイヤーも数多くいます。

ですが、オンラインポーカーは「リアルマネーを賭けた真剣勝負」です。

無駄なリスクを取る事なく、冷静に確実に勝利を手繰り寄せる事が求められます。

忍耐強く我慢し続けて、「ここしかない!」という時にいっきに勝ちを目指す忍耐強さも身につけておきましょう。

無駄・無茶なリスクを求めたプレイヤーの多くは、残念ながらオンラインポーカーでも敗者となってしまいます。

 

 

テキサスホールデムのルール・ポイントを理解してポーカーを満喫しよう

テキサスホールデムは、数多くあるポーカーの中でも特にメジャーなルールの1つです。

世界中で愛されているだけではなく、近年ではオンラインポーカーとしても人気を集めています。

オーソドックスなルールとは少し違う点もありますが、少し勉強するだけで覚えられるシンプルなルールとなっています。

テキサスホールデムのルールや勝つためのポイントを覚えて、ぜひポーカーを楽しんでみてください。