オンラインカジノガイド

オンラインカジノは違法なのか?

最近、日本でも「オンラインカジノ」の認知度は高まりつつあります。ネット上で本格的なカジノを楽しめるだけではなく、一攫千金も狙えるとのことで、今後もプレイヤーの数は増えていくことが考えられます。

しかし、「カジノ」と聞くとどうしても「法律的に大丈夫なの?」と考えてしまいますよね。「有名スポーツ選手が賭博で逮捕された」というニュースも目にしたことがあると思います。

オンラインカジノは法律的には一体どうなっているのでしょうか?

こちらの記事では「オンラインカジノは違法なのかどうか?」について、わかりやすくまとめています。

現在オンラインカジノで遊ばれている方はもちろん、今後プレイする予定のある方は最後まで読んでいただき、オンラインカジノの法律についてしっかり理解しておきましょう。

 

 

オンラインカジノ 違法

↓↓今人気のオンラインカジノ↓↓

総合評価無料ボーナス入金ボーナス賭け条件ハイライト
1
カジノエックス
100%
$30

入金額2000円以上で200%、最高で20万円
+20回のフリースピン

20倍~30倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
2
ライブカジノハウス
100%
$30

最大$500までの150%初回入金ボーナス

40倍
  • 最大$500の入金ボーナス
  • その他ボーナスも豊富
  • 日本語サポート有
3
カスモ
100%
なし

初回から3回目の入金まで合計最大$888

30倍
  • 最大$888の入金ボーナス
  • 自己制限システムあり
  • 日本語サポート有
4
レオベガス
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で8万円

30倍
  • 合計最大17万円の入金ボーナス
  • 手厚いVIPプログラム
  • 日本語サポート有
5
ボンズカジノ
100%
$30

初回から5回目の入金まで最大で$2000

25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
6
スピンカジノ
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で$1000

50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
7
ジャックポットシティ
100%
なし

初回から4回目まで入金ごとに最大$400

50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
8
カジノシークレット
100%
なし

初回入金で勝利できなければキャッシュバック

出金条件なし
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
9
カジ旅
100%
なし

入金額の100%-25%、合計で$500

19倍
  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
  • ロトあり
10
ベラジョンカジノ
100%
$30

入金額の100%、最高で$500

20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有

オンラインカジノを日本で遊ぶと違法にならないの?

結論から先に申しますと、日本でオンラインカジノをプレイするのは、違法でもないし、合法でもない「グレーゾーン」というのが答えとなります。

それでは、その理屈を1つずつ紐解いていきましょう。

 

 オンラインカジノ自体は違法ではない

日本で「ランドカジノ(本物のカジノ)」を運営することは違法となります。競馬や競輪といった公営のギャンブル以外で賭け事をして遊ぶのは法律で禁止されています。

その点からすると「オンラインカジノ」も違法のような気がしますよね。しかし、オンラインカジノ自体は合法となります。

それはなぜかというと、ネットカジノは、「カジノが合法となっている海外の国」で「きちんとライセンスを得たうえで運営」されているからです。

オンラインカジノの運営自体は法律に触れたものではないのですね。

※運営ライセンスは「マルタ共和国」「キュラソー島」「イギリス」「ジブラルタル」「マン島」といった国が、特に厳しい審査を行っております。
オンラインカジノで遊ぶ際は、ライセンス発行国も確認しておくといいですね。

 

日本でオンラインカジノをプレイするのがグレーゾーンな理由

オンラインカジノの運営自体は合法でも、それを日本で遊ぶことに関しては意見が分かれるところです。

「たとえオンラインカジノの運営が合法でも、カジノが認められていない日本で遊んだら法律違反ではないか」という考え方もできますし、「実際にカジノが行われているのは海外のサーバーなので、問題ない」とも考えられます。

いろいろな解釈ができる中、なぜオンラインカジノで遊ぶことがグレーゾーンなのかというと、「現在の日本ではオンラインカジノを明確に罰することができる法律がないから」になります。

違法、合法という以前にオンラインカジノに対する法律自体がないので、どっちつかずのグレーゾーンということになるのです。

 

 

日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕はされない?

「グレーゾーン」とは言っても、やはり完全な白ではない限り「逮捕されることもあるのでは?」と不安は残りますよね。ここで、日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕される可能性がほとんどないことを証明する、ある事件を紹介していきます。

日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕はされない?

2016年、日本国内でオンラインカジノをプレイしていた日本人3名が逮捕されるという事件がありました。

「え、逮捕されてるじゃん」と思われるかもしれませんが、話には続きがあります。

逮捕された3人のうち2人は「略式起訴」を受け入れて、罰金を支払い釈放されました。略式起訴というのは、刑事裁判を起こさず、罰金を支払うことで手続きを簡潔に済ませることをいいます。

裁判で法律上妥当かどうかを争うこともなく終了しているので、略式起訴ではオンラインカジノが違法だといえるわけではありません。

ただ、残りの一人は略式起訴を受け入れずに裁判で争うことを選択し、その結果は「不起訴処分」となったのです。

 

検察が不起訴処分にした理由

不起訴処分は検察側が「不当逮捕」を認めたということです。なぜ、一旦逮捕しておきながら検察は不起訴処分にしたのでしょうか?

日本の賭博法は、端的にまとめると「賭博を提供している胴元(運営者)を罰するためのものであり、プレイヤーに関しては胴元の有罪に付随する罪」となっているのです。

要は、プレイヤーが罰せられる(賭博法が成立する)には、運営者がまずは逮捕される必要があるのですね。

そこで、思い出してください。胴元(オンラインカジノ側)は海外できちんと合法的に運営されています。日本の法律では裁くことができないのです。

胴元を有罪にできないので、結果としてプレイヤーも罰することができないということです。

逮捕から一転、不起訴処分に変えたのはそういう理由からなのですね。

この逮捕劇はオンラインカジノのプレイヤーを一旦は不安に陥れましたが、結果としては「オンラインカジノを日本でプレイしても逮捕はされない」ことの証明となったのです。

※日本の賭博法には2種類あります。
・単純賭博:賭博をしたものは50万円以下の罰金又は科料に処される。

・常習賭博および賭博場開張等図利:常習として賭博した者は、3年以下の懲役に処される。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処される。

日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕はされない?
  • 日本人向けのカジノをプレイしていた

オンラインカジノには、リアルタイムでディーラーとの駆け引きを楽しめる「ライブカジノ」というものがあります。

海外で運営されているサイトなので、多くは外国人がディーラーをやっているのですが、逮捕された3人がプレイしていたのは、日本人がディーラーをやっているライブカジノでした。

また、開催時間も日本のゴールデンタイム(夕方〜夜)にかけて調整されていたのです。

「日本人ディーラーであること」「開催時間を日本に合わせている」の2点から、「日本人向けのカジノで遊んでいるから、日本でカジノをした」と判断されて、逮捕に踏み込まれたという可能性が考えられます。

このことから、「日本人のためだけにつくられたオンラインカジノ」ではなるべく遊ばないようにした方が良いと言えるでしょう。

その他の気をつける点は以下のものが挙げられます。

  • SNS、ブログなどでオンラインカジノで遊んでいる事を公表しない
  • オンラインカジノのIDを公表しない
  • オンラインカジノ上のチャットで個人を特定できる発言はしない

要は「オンラインカジノで遊んでいるという証拠を公表しない」ことが大切と言えますね。

あくまでも「グレーゾーン」で完全な白ではないという事はきちんと頭に入れておき、自己責任で遊ぶように気をつけましょう。

 

 

オンラインカジノが違法になってしまうケース

オンラインカジノがいくら違法ではないとはいっても、完全にアウトな遊び方があります。それは「インカジ店」でプレイすることです。

インカジ店とは?

インカジは「インターネットカフェカジノ」の略になります。

インカジ店は、一見するとインターネットカフェのような外観なのですが、中ではオンラインカジノを利用してお客さんが賭博を行うお店となっているのです

 

インカジ店の運営方法

まず、普通のネカフェのようにお客さんの前には1台ずつPCがあります。

そして、お客さんは胴元(店員)にお金を渡し、そのお金を使ってオンラインカジノをプレイするのです。お金の入金や出金も店員を通して行われます。

要は胴元が国内にいるということです。上述したように、日本の法律では「プレイヤーの逮捕は、胴元の逮捕に付随されて行われる」となっていますよね。

インカジ店とは

個人的にネットカジノを楽しむのなら、胴元は海外になりますので違法とはなりませんが、インカジ店では、胴元が国内にいるので、胴元と一緒にプレイヤーも一緒に逮捕されてしまうのです。

 

「闇カジノ」「違法カジノ」とは?インカジ店との違い

インカジ店では、お客さんはオンラインカジノを利用して賭博を行います。

一方の「闇カジノ」「違法カジノ」は、ランドカジノ(実際のカジノ)と同様に、ディーラーと客が直接「バカラ」「ブラックジャック」「ルーレット」などの駆け引きをして、賭博を行います。

もちろん、日本国内で賭博を行うことは違法となります。バドミントン選手やプロ野球選手も違法カジノで遊んで、競技から永久追放されてしまったのは有名な話ですよね。

 

その他、オンラインカジノで違法になってしまうケース

インカジ店に加えて、もう1つオンラインカジノで違法になってしまうケースがあります。それは、オンラインカジノの運営元が日本にある場合です。

サイト自体は海外のサーバーを使って海外で運営はされていることになっているけど、そのサイトを運営している会社が日本にあるというケースです。

ちょっとややこしい話ですが、日本にいる人が海外のサーバーを使って運営しているオンラインカジノもあるということです。このケースも胴元が日本にいるので、プレイヤーも一緒に賭博罪に問われてしまう可能性があるので注意が必要です。

インカジ店はプレイする場所さえ気をつけていれば問題ありませんよね。加えて、プレイするオンラインカジノがきちんと海外で運営されているかを確認する必要があるということです。

 

 

今後、オンラインカジノの法整備はどうなっていくのか?

オンラインカジノの法整備

2016年にカジノ法案(IR法)が制定されました。
賛否両論はもちろんありますが、この法律によって「日本にもランドカジノが誕生する」という流れになっています。

現在、オンラインカジノは、違法でも合法でもない状態になっています。

カジノ法案では直接オンラインカジノについての言及はされていませんが、ランドカジノが設立される流れで、オンラインカジノも合法化されるのではないかという考えも強くあります。

しかし、反対に「オンラインカジノは完全な違法」となる可能性ももちろんあります。オンラインカジノで遊ばれる方は、今後の法律の動向には注意が必要です。

 

 

パチンコは賭博罪に問われないの?

ギャンブルで一番身近なものといえば「パチンコ」ですよね。

オンラインカジノだけではなく、パチンコもやられているという方は多いのではないでしょうか。

忘れがちなのですが、パチンコは公営のギャンブルではありません。公営のギャンブルは「競馬」「競輪」「競艇」「オートレース」となっていて、パチンコは含まれていません。

それでは、公営ギャンブルでもないのに、お金のやり取りが発生しているパチンコは、なぜ賭博罪に問われないのでしょうか?

 

パチンコの「3店方式」

パチンコは公営ギャンブルではないので、玉を直接カウンターで換金してしまうと「賭博」となってしまいます。そこで、パチンコは「3店方式」という方法を使って換金しています。

まず、パチンコ店のカウンターではお金のやり取りはせず「特殊景品」という形で、玉と日用品などの景品を交換します。

そして、その景品をお店の外にある「換金所(景品交換所)」で買い取ってもらう形で、換金してもらうのです。

その後、景品は問屋が買い取り、パチンコ店が問屋から景品を買い取ってまたパチンコ店に戻っていくという流れで循環させています。

「パチンコ店」「換金所」「問屋」の3店舗でやり繰りをして、換金しているので「3店方式」と呼ばれているのです。

パチンコは賭博罪に問われないの?

パチンコをしている人のほとんどは換金を目的としているので、たとえ3店方式であっても「賭博」にあたりそうな気はしますよね。しかし、3店方式は政府のお墨付きをもらっていますので、パチンコが賭博に問われることは今のところはありません。

 

違法パチスロにはご注意を!

駅前や繁華街にあるパチスロ店で遊ぶのなら問題ないのですが、巷では「違法パチスロ」も存在するので注意が必要です。

もちろん、違法なので大々的な店舗を構えているわけではありません。雑居ビルやマンションの一室でひっそりと運営されています。

「スロやらない?」など繁華街でキャッチが一人一人に声かけをすることによって、お客さんが店舗にいく流れになるのです。

違法パチスロの店内には、現在では使用を禁止されているパチスロ台が、高額な違法レートで遊べるようになっています。もちろん、違法パチスロで遊んでいることが警察にバレてしまうと「賭博罪」に問われて、罰せられてしまいます。

繁華街で声かけをされても安易に着いていかないように注意しましょう。

 

 

まとめ

オンラインカジノ違法 まとめ
  • 日本でオンラインカジノをプレイするのは、違法でも合法でもなくグレーゾーンである。
  • 日本でオンラインカジノをプレイする場合は、「日本人だけに向けたオンラインカジノサイトは避ける」「オンラインカジノで遊んでいることを公表しない」ことが大事である。
  • インカジ店でプレイしたり、運営元が日本のオンラインカジノをプレイすると違法となってしまう。

――――――――――――――――――――――――――

遊び方にさえ注意していれば、日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕される可能性はほとんどありません。

しかし、あくまでもオンラインカジノは「グレーゾーン」になっていることは忘れず、自己責任で遊ぶように注意しましょう。