オンラインカジノガイド

オンラインカジノの税金について

オンラインカジノの税金について

オンラインカジノの税金がどうなっているのか、みなさんご存知ですか?

「オンラインカジノは税金を払わないといけないの?」「払うならいくら払うことになるの」「どうやって申告すればよいの?」など様々です。

本記事では「オンラインカジノと税金」について分かりやすくまとめています。

今後オンラインカジノで稼ぎたいと考えている方、または現在すでに稼がれている方も、ぜひオンラインカジノの税金についてしっかりと理解しておきましょう。

また、まだオンラインカジノをプレイしたことがない方は、オンラインカジノランキング等を参考にカジノサイトを選ぶのもいいでしょう。

 

 

↓↓今人気のオンラインカジノ↓↓

総合評価無料ボーナス入金ボーナス賭け条件ハイライト
1
カジノエックス
100%
$30

入金額2000円以上で200%、最高で20万円
+20回のフリースピン

20倍~30倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
2
ライブカジノハウス
100%
$30

最大$500までの150%初回入金ボーナス

40倍
  • 最大$500の入金ボーナス
  • その他ボーナスも豊富
  • 日本語サポート有
3
カスモ
100%
なし

初回から3回目の入金まで合計最大$888

30倍
  • 最大$888の入金ボーナス
  • 自己制限システムあり
  • 日本語サポート有
4
レオベガス
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で8万円

30倍
  • 合計最大17万円の入金ボーナス
  • 手厚いVIPプログラム
  • 日本語サポート有
5
ボンズカジノ
100%
$30

初回から5回目の入金まで最大で$2000

25-30倍
  • 最大$2000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
6
スピンカジノ
100%
なし

初回から3回目の入金まで最大で$1000

50倍
  • 最大$1000の入金ボーナス
  • スポーツブック有
  • 日本語サポート有
7
ジャックポットシティ
100%
なし

初回から4回目まで入金ごとに最大$400

50倍
  • 最大$1600の入金ボーナス
  • ロイヤリティーpt制度
  • 日本語サポート有
8
カジノシークレット
100%
なし

初回入金で勝利できなければキャッシュバック

出金条件なし
  • 初回入金キャッシュバック
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有
9
カジ旅
100%
なし

入金額の100%-25%、合計で$500

19倍
  • 新感覚RPGオンラインカジノ
  • 日本語サポート有
  • ロトあり
10
ベラジョンカジノ
100%
$30

入金額の100%、最高で$500

20倍
  • $30分の無料ボーナス
  • お得なVIPプログラム
  • 日本語サポート有

オンラインカジノに税金はかかるの?

結論から先に言うと、オンラインカジノで出た収益には税金がかかります。ただ、オンラインカジノをやっている人、すべてに税金がかかるというわけではありません。

こちらでは「なぜオンラインカジノに税金がかかるのか?」と「オンラインカジノで税金が発生するケース」を確認してみましょう。

 

 なぜオンラインカジノに税金がかかるの?

オンラインカジノの収益は法律では「一時所得」に分類されるために、課税対象となります。

※「一時所得」に分類されるもの

  • 懸賞や福引きの賞金品
  • 競馬や競輪の払戻し金
    →この項目にオンラインカジノも当てはまります
  • 生命保険の一時金
  • 法人から贈与された金品

など

本来ならパチンコや競馬、競輪といったギャンブルにも税金はかかります。しかし、普段パチンコや競馬をやっていて、税金を支払ったことがあるという人はあまりいないのではないでしょうか?

オンラインカジノに税金はかかるの?

その割には「パチンコや競馬での脱税で逮捕された」というニュースはほとんど聞きませんよね。

同じ感覚で「じゃあオンラインカジノも申請しなくて大丈夫でしょ」と思っていてはいけません。他のギャンブルと違ってオンラインカジノの収益は税務署の目に触れやすいのです。

 

なぜ、オンラインカジノだけが税金に厳しくなるの?

同じギャンブルでも、オンラインカジノだけが税金を納めないと税務署に見つかりやすくなっています。その理由は「お金の受け取り方」の違いにあります。

パチンコ、スロット、競馬の払戻金は直接現金で受け取りますよね。しかし、オンラインカジノの収益を受け取るには、ネット上でのやりとりになるために「銀行振込」となってしまいます。

銀行口座を通したやり取りから、オンラインカジノでは税務署にお金の流れを把握されてしまうのです。

※他のギャンブルでは税金を納めなくても良いと言っているわけではありません。しっかりと納税しましょう。

 

オンラインカジノで税金が発生するケースは?

一時所得の計算式は以下のようになります。
※一時所得=総収入額−総支出額−特別控除額(最高50万円)

よって、オンラインカジノで税金が発生するケースは、「総収入から総支出を引いた額が50万円以上になった場合」になります。ただ、「総収入」「総支出」の計算方法が少し複雑になりますので、しっかりと確認しましょう。

 

オンラインカジノの収益の計算方法

オンラインカジノの収益の計算方法

一時所得を計算するうえで頭に入れておきたいポイントは「損失を出したプレイは税金とは関係がない」です。

例えば、オンラインカジノで遊んでいて、以下の戦績だったとします。

3/12 50万円賭けて20万円勝った ⇒ マイナス30万円
3/15 10万円賭けて80万円勝った ⇒ プラス70万円
3/17 10万円賭けて40万円勝った ⇒ プラス30万円
3/21 50万円賭けて10万円勝った→マイナス40万円

3/12、3/21は損失を出しているので、計算式とは関係がなくなり、利益を出している3/15,3/17だけを見ていくことになります。

こちらの例の場合は総収入は100万円(70+30)で、総支出は20万円(10+10)となります。

よって100万円(総収入額)−20万円(総支出額)−50万円(特別控除)=30万円の一時所得が発生したことになるのです。

賭けたお金はすべて支出にしたくなるでしょうが、負けたプレイの支出は含まないように注意してください。

税金の計算式

ここまでで、オンラインカジノによって得た一時所得がいくらになるのかが分かったと思います。

それでは今度は、具体的にいくらの所得税がかかってくるのかを計算してみましょう。

※所得税の計算方法
課税の対象になる金額→(一時所得×1/2+その他の収入)
所得税→(課税の対象になる金額×税率−控除額)×1.021(復興特別所得税)

一時所得の中でも、課税対象になるのはそのうちの1/2です。その金額を他の所得と足したものに、税率をかけてから控除額を引きます。

それで割り出された数字に復興特別所得税(2.1%)をかけたものが所得税となります。

税率や控除額は課税所得によって変わりますので、以下の表を参考にしてください。

税金の計算式
課税所得 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23%以下 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万超 45% 4,796,000円

例えば、オンラインカジノによる一時所得が30万円で、なおかつその他で年間200万円稼いでいるとしましょう。この方の所得税は以下のようになります。

課税対象の金額→200万円+15万円(30万×1/2)=215万円
所得税→(215万円×0.1−97500)×1.021=119967円

という計算になります。

 

 

オンラインカジノの税金は確定申告が必要!

会社勤めをしていると、自分で確定申告をしたことがないという方がほとんどだと思います。

こちらで、オンラインカジノで課税の対象となった時のために、確定申告のやり方を確認しておきましょう。

 

 税金の対象期間、申告の期間

税金の対象期間:前年の1月1日〜12月31日までに発生した収入に対して行う。

例えば、2020年に申告する場合、対象になるのは2019年の収入になります。2020年1月の収入は入れないように注意してください。

申告する時期:2月16日から3月15日までに申告する。

 

 確定申告に必要なもの

確定申告に必要なもの
  • 源泉徴収票:会社からもらう
  • 損益明細、取引明細:オンラインカジノからもらう

※発行していないカジノの場合は、エクセルなどで取引状況をまとめておきましょう

必要なものを準備して期間内に税務署にいくか、もしくはオンラインで確定申告を済ませるようにしましょう。

 

 

まとめ

オンラインカジノでは総収入から総支出を引いた額が50万円以上になった場合、税金を支払う義務が発生します。

計算方法が若干ややこしくはなっていますが、ぜひこちらの記事を参考にして、納税漏れがないように気をつけてください。