◆人気の宝くじ   ロト7| ロト6| ミニロト | ナンバーズ              ◆全国宝くじ売り場一覧   宝くじ売り場 検索
◆当選番号の結果発表   グリーンジャンボ | ドリームジャンボ | サマージャンボ | オータムジャンボ | 年末ジャンボ

HOME >  宝くじQ&A >  宝くじに税金はかかる?

宝くじに税金はかかる?

「当せん金付証票法」の第13条には、「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない」と記されているため、所得税などの税金はかかりません。非課税扱いとなります。

これは、宝くじの収益金の一部が初めから地方自治体の財政に充てられることが決まっている形となっているためです。

しかし、この当せん金を贈与する場合には、贈与税がかかることになります。

贈与税は、基礎控除額である「110万円」以上を、1月1日から12月31日までの一年間の間に贈与した場合にかかります。

ですから一年間の間に贈与した金額が110万円以下であれば、贈与税は必要ないとされています。

例えば、一年間の間に50万円の当せん金を贈与した場合には贈与税はかかりません。

800万円を贈与した場合には、800万円から基礎控除額である110万円を引いた690万円に、税率40%をかけた金額、276万円。

ここから、控除額の125万円を引いた「151万円」が贈与税額となります。

よって、800万円贈与した場合には、151万円が贈与税となり、実質的に残る金額は「649万円」となる計算です。(今後、法律が改正される場合があります。)

尚、1億円贈与した場合には、約半分の「4720万円」が贈与税となり、実質的に残る金額は「5280万円」となります。

3億円贈与した場合には、「1億4720万円」が贈与税、残る金額は「1億5280万円」となります。

一般的に、相続税と比べると贈与税の方が高い税率がかけられることになっているようです。


【スポンサードリンク】

宝くじQ&A

宝くじの色んな疑問についてわかりやすく解説しています。1000万円以上の高額当選者に贈られる本「その日から読む本」や税金問題、換金場所、宝くじドリーム館やお楽しみ抽せんの説明など。

宝くじの基礎知識

 宝くじとは
 宝くじの歴史
 宝くじ販売の仕組み
 宝くじ一枚の内訳
 収益金の使い道

宝くじの種類

 数字選択式宝くじ
 ジャンボ宝くじ
 全国通常宝くじ
 ブロック宝くじ
 スクラッチ

宝くじQ&A

 宝くじはどこで買える?
 宝くじは未成年でも買える?
 前後賞・組違い賞ってなに?
 ユニットってなに?
 キャリーオーバーってなに?
 連番とバラの違いは?
 縦バラってなに?
 ダブルってなに?
 開封くじと被封くじって?
 宝くじの抽選方法は?
 抽選結果はどこでわかる?
 宝くじはどこで換金できる?
 宝くじに税金はかかる?
 宝くじは転売できる?
 拾った宝くじでも大丈夫?
 宝くじを破損しても大丈夫?
 換金した当せん券は?
 支払期間はいつまで?
 時効当せん金はどうなる?
 当せん金の上限はいくら?
 重複当せんは認められる?
 くじ券販売までの流れは?
 宝くじ人口はどのくらい?
 海外の宝くじは買える?
 宝くじの日ってなに?
 宝くじ神社/宝当神社って?
 復興くじってなに?
 クーちゃんってなに?
 宝くじドリーム館ってなに?
 当せん金付証票法ってなに?
 宝くじナンバーサービスって?
 高額当選者の本ってなに?
 ミリオンドリームってなに?
 2000万サマーってなに?
 一粒万倍日ってなに?
 天赦日ってなに?
 宝くじ長者白書ってなに?
 数字選択式宝くじ当選者白書

宝トピックス

 宝当神社観光レポート(前編)
 宝当神社観光レポート(後編)
 南蔵院観光レポート(番外編)
 金運神社観光レポート(前編)
 金運神社観光レポート(後編)
 出雲大神宮観光レポート
 中尊寺・平泉観光レポート
 毛越寺・平泉観光レポート
 富籤の歴史/江戸の三富巡り
 エリア別高額当選ランキング

ジャンボ宝くじの種類

 グリーンジャンボ
 ドリームジャンボ
 サマージャンボ
 オータムジャンボ
 年末ジャンボ