◆人気の宝くじ   ロト7| ロト6| ミニロト | ナンバーズ              ◆全国宝くじ売り場一覧   宝くじ売り場 検索
◆当選番号の結果発表   グリーンジャンボ | ドリームジャンボ | サマージャンボ | オータムジャンボ | 年末ジャンボ

HOME >  宝くじの基礎知識 >  宝くじの歴史

宝くじの歴史

宝くじは、日本において「富くじ」として発祥しました。

「富くじ」の起源は、江戸時代初期に現在の大阪府にある瀧安寺で、正月に僧侶が3人の当せん者を選びだし、その3人に幸運をもたらすとされるお守りを授けたのが由来とされています。

その後、次第にくじの当せん者に金銭を分配するような動きが広まると、徳川幕府は、1692年には「富くじ」の禁令を発令します。

その後幕府は寺社にのみ、修復費用調達の手段として、「富くじ」の発売を許可しました。」これは天下御免の富くじ「御免富」と呼ばれました。

谷中の感応寺、目黒の瀧泉寺、そして湯島天神の御免富が、特に“江戸の三富”として知られています。

その後1842年に幕府財政の再興を目的とした天保の改革によって、富くじは歴史から姿を消します。


そして太平洋戦争が終結した直後の1945年10月、政府は戦後の激しいインフレを防止する目的を持って「政府第1回宝籤」を発売しました。このときから、いわゆる「宝くじ」という呼ばれ方がされるようになりました。ちなみに、1等賞金は当時のお金で10万円でした。

第1回宝くじ宣伝ポスター
その当時に政府が発行した「第1回宝くじ宣伝ポスター」


箱型抽せん器
第1回宝くじの抽せん会で使われた「箱型抽せん器」


その後は、戦災によって荒廃した地方自治体の復興資金調達のため、各都道府県が独自で宝くじを発売できることとなりました。政府くじは1954年に廃止され、その後は地方自治体が独自又は共同で発売する「地方くじ」のみが残りました。

その流れを受けて、全国自治宝くじ、東京都宝くじ、関東・中部・東北自治宝くじ 、近畿宝くじ、西日本宝くじという5つのブロックが出来上がり、現在に至っています。


【スポンサードリンク】

宝くじの基礎知識

宝くじの基礎知識について紹介しています。宝くじの歴史から、その販売の流れや仕組み、くじ券1枚あたりのお金の中身や収益金の使途などについてわかりやすく解説しています。

宝くじの基礎知識

 宝くじとは
 宝くじの歴史
 宝くじ販売の仕組み
 宝くじ一枚の内訳
 収益金の使い道

宝くじの種類

 数字選択式宝くじ
 ジャンボ宝くじ
 全国通常宝くじ
 ブロック宝くじ
 スクラッチ

宝くじQ&A

 宝くじはどこで買える?
 宝くじは未成年でも買える?
 前後賞・組違い賞ってなに?
 ユニットってなに?
 キャリーオーバーってなに?
 連番とバラの違いは?
 縦バラってなに?
 ダブルってなに?
 開封くじと被封くじって?
 宝くじの抽選方法は?
 抽選結果はどこでわかる?
 宝くじはどこで換金できる?
 宝くじに税金はかかる?
 宝くじは転売できる?
 拾った宝くじでも大丈夫?
 宝くじを破損しても大丈夫?
 換金した当せん券は?
 支払期間はいつまで?
 時効当せん金はどうなる?
 当せん金の上限はいくら?
 重複当せんは認められる?
 くじ券販売までの流れは?
 宝くじ人口はどのくらい?
 海外の宝くじは買える?
 宝くじの日ってなに?
 宝くじ神社/宝当神社って?
 復興くじってなに?
 クーちゃんってなに?
 宝くじドリーム館ってなに?
 当せん金付証票法ってなに?
 宝くじナンバーサービスって?
 高額当選者の本ってなに?
 ミリオンドリームってなに?
 2000万サマーってなに?
 一粒万倍日ってなに?
 天赦日ってなに?
 宝くじ長者白書ってなに?
 数字選択式宝くじ当選者白書

宝トピックス

 宝当神社観光レポート(前編)
 宝当神社観光レポート(後編)
 南蔵院観光レポート(番外編)
 金運神社観光レポート(前編)
 金運神社観光レポート(後編)
 出雲大神宮観光レポート
 中尊寺・平泉観光レポート
 毛越寺・平泉観光レポート
 富籤の歴史/江戸の三富巡り
 エリア別高額当選ランキング

ジャンボ宝くじの種類

 グリーンジャンボ
 ドリームジャンボ
 サマージャンボ
 オータムジャンボ
 年末ジャンボ